2021年5月11日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で8回1失点の好投で無傷の4連勝を飾ったオリックスバッファローズの宮城大弥について元横浜の野村弘樹、元中日の立浪和義、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



この日の杉本の打撃内容
1打席目 レフトホームラン
2打席目 センター犠牲フライ
3打席目 ライトフライ
4打席目 空振り三振
5打席目 ショートゴロ
打率.330 本塁打8 打点20
本塁打リーグ2位

 

アナ 宮城投手の好投、そして打線は11安打で9点を叩き出しました。チーム本塁打数がリーグトップです。

 

大久保 はい。ラオウこと杉本について。僕は元々いいバッターだと思ってました。立浪さんにお聞きしたいのは、これ完全に覚醒したのかどうかです。どう思いますか?

 

立浪 最近のプロ野球ニュースを見てますと毎日打ってますからね。

 

大久保 そうなんですよ(笑)

 

立浪 今はスゴく前捌きもいいですしね。今日のホームランも大きく前で振ってますしね。ちょっと自信を付けてきたと思いますから、やっぱり結果が出ることによって1軍の試合でどんどん自信を付けて、自分の中で何かを掴んできたんだと思うんですよね。

 

大久保 うんうん。

 

立浪 ちょっと楽しみですね。

 

大久保 そうですよね。野村さん、ピッチャーからするとラオウは要注意人物なんですけど、コーチなら何て指示しますか?

 

野村 うーん・・・やっぱりインコースを突かなきゃいけないですねぇ。逃げてたら抑えられないですね。

 

大久保 もうそういうバッターになってますよね。

 

野村 なってます。昨年までは粗さがあって微妙なところも多かったんですけど、今年は打てるようになってきて力も抜けるようになってきたと思うんですよ。

 

大久保 確かに。力んで打てないという形じゃないですもんね。

 

野村 そうですね。ピッチャーで言うと『マウンド捌き』というものがあるじゃないですか。杉本はピッチャーでいう『マウンド捌き』が様になってるように打席での雰囲気が変わりましたよね。

 

大久保 なるほどねぇ。オリックスはエラーとか変なミスとかをしないと勝てるチームですからね。

 

 

以上です。

覚醒したのかもしれません。
おすすめの記事