2019428日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で先発し今シーズン初勝利をあげた読売ジャイアンツの今村信貴のピッチングについて、そして今村に檄を入れた原辰徳監督について元日ハムの岩本勉、元中日の立浪和義がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に解説しています。

 



この日の今村の投球内容

7100被安打2 奪三振4 四球4 失点0

 

 

今村のヒーローインタビューの一部

今村 今季初先発で緊張してたんですけど、自分らしい投球を心掛けようと思ってマウンドに上がりました。開幕ローテーションを外れて、とても悔しい思いをしたので、何とか今日は抑えたいと思って。勝てて良かったです。

 

 

岩本、立浪の解説

アナ 巨人がDeNAに連勝。今季初先発の今村投手が見事、今シーズン初勝利をあげました。

 

岩本 あのヒーローインタビューでのコメントがスゴく記憶に残ったんですけど。3回まで調子がフォアボールが多かったりとかでちょっとフラフラするピッチングに見えたんですけど、実は3回裏の巨人の攻撃中にこんなシーンがありました。

 

原監督が今村に強い口調で発破をかけている映像が流れる

 

岩本 原監督が今村のところまで歩み寄り、アドバイスを送っています。立浪さん、ここからガラっとピッチングスタイルも変わったように見えたんですけども。

 

立浪 まあいい意味で開き直ることができたんでしょうね。

 

岩本 はい。

 

立浪 今日、久しぶりの先発で結果を出さないといけないというプレッシャーからか、相当上体が力んでいて下半身が使えてなかったんですよね。

 

岩本 えぇ。

 

立浪 原監督にアドバイスというか、少し檄を入れられてそこから急にピッチングが変わりましたよね。

 

岩本 なるほど。あそこで原監督が何を伝えたのかが気になるところなんですけど、ちょっと情報が入ってるんですよね。

 

アナ そうなんですよ。

 

岩本 お願いします。

 

アナ 原監督は「もう少し自分を高揚させて楽しんで放ってくれ 演じてくれ」と声を掛けられたそうなんです。

 

岩本 ちょっと堅くなっている選手に高揚させる。

 

アナ こういう一言があるだけで雰囲気も良くなりますよね。

 

岩本 監督が自ら歩み寄っての、いわゆる発破ですからね。

 

アナ はい。

 

岩本 そこで奮起した今村がナイスな勝利をあげましたね。

 

 

以上です。

原監督はこういうのが上手いですよ。
おすすめの記事