2021年5月11日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦でも打てず2試合連続でノーヒットで調子が下降線気味の横浜DeNAベイスターズの牧秀悟について元横浜の野村弘樹、元中日の立浪和義、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



アナ 巨人に敗れてDeNAはこれで3連敗となりました。

 

大久保 そうですね。野村さん、三嶋も打たれる事もあるじゃないですか。

 

野村 はい。

 

大久保 それよりも心配なのが牧。ちょっと下降線になってるんですけど、どうですか?

 

野村 外国人選手が戻ってきて、それまでは2番を打ったりしていたのが打順を後ろにズラしたりしたんですよね。それでちょっと落ちきた。

 

大久保 なるほど。

 

野村 そして率も下がってきましたよね。

 

月別打率
3月 打率.381
4月 打率.268
5月 打率.212
通算 打率.272

 

大久保 そうですよね。

 

野村 当然、目に見えない疲れもあると思うんですけど、これはルーキーが苦しい時期じゃないですか。

 

アナ あっ、疲れなんですか?

 

大久保 うん。立浪さんはどうですか?

 

立浪 今が一番疲れ出る頃で、あとはファーストからセカンドに守備位置を変更してから、ちょっと疲労が大きくなったのか、バッティングを崩してきましたよね。

 

大久保 そうですよね。

 

立浪 初めは結果とか気にしなくて思い切ってやれてたんですけど、今は結果が出ないから力みがバッティングに出てますよね。

 

大久保 力むとバットが出て来なくなりますからね。

 

アナ こういうのはどうやって乗り越えるんですか?

 

立浪 これはもう慣れるしかないですね。

 

アナ 慣れしかない・・・(笑)

 

大久保 あとはベンチの我慢ですね。

 

立浪 そうですね。

 

 

以上です。

試合に毎日出て体が慣らすしかない。
おすすめの記事