2021年6月20日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で2安打で最終スコア1対1の引き分けとなり、9年ぶりの7戦勝利無しとなった福岡ソフトバンクホークスについて元横浜の斎藤明雄、元日ハムの岩本勉、元横浜の高木豊がフジテレビアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



アナ ソフトバンクは日本ハムに引き分け。4連敗を止められず7戦勝利なしということになりました。

 

岩本 豊さん、この試合のファイターズは9安打で1得点という拙攻。そして逆にソフトバンクはたったの2安打でヒットも出てないんですよ。

 

高木 1本はホームランで、フォアボールも1つでしょ。

 

岩本 はい。

 

高木 だから2人のランナーしか出てないという事でね。

 

岩本 そうなんですよ。1対1の引き分けなんですけど、普通の引き分けとはちょっと毛色の違いますよね。

 

高木 うーん・・・いきなり打てと言っても打てるもんでもないし。

 

岩本 はい。

 

高木 だからこの2安打でも引き分けに持ち込めるのがソフトバンクの強さと感じるのか・・・。まあ、このまま打たないという事はないと思うんですよね。いつかは打つと思うんですけど。

 

岩本 そうですね。

 

高木 だから今はこの苦しい状況の中でよく凌いでいるなと、僕は考えてますよ。

 

岩本 明雄さん、苦しんでいるホークスに見えるんですが、何か打開法とかは見えたりしますか?

 

斎藤 まあこれはチーム一丸となってやるしかない。もう5回までは全員が相手の先発ピッチャーの狙い球を同じ球種に絞って逆方向に打つという感じでいいんじゃないかと。

 

岩本 徹底してね。

 

斎藤 そうですね。まあ、豊さんが言ったようにいつかは打ち出すと思いますけど、打てない時はチームプレーというか、全員でやっていかないといけないと思いますね。

 

岩本 そうですね。豊さんが言われた通り、2安打で負けなかったのをプラス材料と捉えるしかないですよね。

 

斎藤 そうですね。

 

 

以上です。

抜けている選手が復帰するまで我慢。
おすすめの記事