2021年6月20日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦でチームを首位に導く好投を見せたオリックスバッファローズの宮城大弥の卓越した投球術について元横浜の斎藤明雄、元日ハムの岩本勉、元横浜の高木豊がフジテレビアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



宮城のヒーローインタビューの一部

宮城 初球からストライクを取れた事で、自分のテンポにできたことがいい方向に繋がったのかなと思います。これからももっといい方向を目指して頑張っていきたいです。

 

 

宮城を語る

この日の宮城の投球内容
8回112球 被安打5 奪三振4 四球1 失点0
今季7勝1敗 防御率2.06(6/20の試合終了時点)
新人王を争う早川に投げ勝つ!

 

アナ オリックスが楽天に勝利。宮城投手はチームを7年ぶり、実に2522日ぶりの首位へと導きました。豊さん、この試合のポイントをはどこですか?

 

高木 やっぱり宮城ですよねぇ。

 

岩本 はい。

 

高木 まあ、簡単にファーストストライクを取りますし、バッターにフルスイングさせないゾーンに投げられるコントロールですよね。それとボールが浮かないです。

 

岩本 ほぉ。

 

高木 もうほとんど低めに制球されてて、あまりに低いから、キャッチャーが立ち上がって要求するぐらい低めに丁寧に来るんですよね。それとどの変化球でもストライクが取れるという。だから打者も宮城に関しては的を絞れないですよね。

 

岩本 はい。

 

高木 そして緩急も使えるので奥行きも使えますし見事なピッチングでしたね。

 

岩本 なるほど。明雄さん、先発完投型のピッチャーだと思うんですが。もう見事な投げっぷりなんですけども。

 

斎藤 そうですね。球数も無理のないペースでしたし、豊さんが言われた通り、どの球種でもストライクが取れる。

 

岩本 そうですね。

 

斎藤 そして三振を取るスライダーが目立ちますけど、右バッターにクロスファイアに入ってくるストレートも自信を持って投げれるピッチャーだと思いますよね。高卒2年目なんですけど、マウンド度胸がいいですよ。そしてバッターに向かって行くから、こういうピッチングが出来るんじゃないですかね。

 

岩本 ただ投げてるんじゃなくて、投げ込んでるという感じですよね。

 

斎藤 そうですね。

 

 

以上です。

ナンバーワン左腕ですね。
おすすめの記事