2016年にフジテレビで放送されたスポーツ番組「HERO’S」の100人が選んだナンバーワン スピードボール部門を紹介します。ナレーターと選手の語りと共に進行します。

 



スピードボール部門 第3

石川歩 9回に出てきたら、ちょっとチャンスがないなって感じはスゴくあるんで。

 

田村龍弘 来た!と思って振ったらだいたい前に飛ばないですね。

 

坂口智隆 サファテ投手かなって思いますね。

 

2016年のパリーグのセーブ王サファテ(7票)。最速159キロのストレートに鍛え上げたプロのバッターもお手上げ状態。(2年連続で40セーブ 平均球速152.7キロ)

 

 

スピードボール部門 第2

新井貴浩 もう本当に速いですからね。なかなか当てるのにも苦労するというか。

 

山田哲人 155キロとか156キロとかいってるんですけど。速いし、伸びるし、浮くし。

 

菊池涼介 マシソンさんですよ。マシソンさんです。もう本当に寒気がします。

 

寒気がするほどの速球が巨人のマシソン(9票)。190センチ超えの長身で強打者にも真っ向勝負(最高球速160キロ 平均球速151.7キロ)。今年大ブレークの『神ってる男』広島の鈴木誠也ですらこんな本音を。

 

鈴木誠也 だいたい対戦することになったら、「最悪だ・・・」と思いながら打席に立ちマますけどね。マジこえーと思いながら。分からないんですけどマウンドにいるオーラというかターミネーターです。はい、完全に。

 

 

3位2位と助っ人右腕がランクイン。しかし、ここでスタッフは意外な事実を発見。なんと140キロ台のピッチャーが4票を獲得しているんです。

 

岩貞佑太 スピードガンではそんなに140キロ中盤ぐらいなんですけど打席で見ると本当に速くて。

 

平田良介 球のスピードより伸びというところで。

 

原口文仁 凄く差し込まれるというか。まあ、なかなか狙っても打ち返せない。DeNAの今永選手。

 

意外な速球王とはDeNAのルーキー今永。平均球速は140.5キロにもかからず4票を獲得。一体、どのように伸びるのか検証すると。

 

今永のストレートに平田が振り遅れの空振りをしてるシーンが流れる

 

完全に振り遅れているように見えますが打席での実感は

 

平田良介 真っ直ぐを打ちにいって空振りをしたんで、あの時は速いなと思いました。

 

 

スピードボール部門 第1

武田翔太 まあ、もう議論の余地ないですけど速すぎます。

 

岸孝之 投げられたらいいなとは思いますけど羨ましいですね。はい。

 

菅野智之 なんかもう凄いを通り越しちゃってる感じはありますね。尊敬というか。はい。

 

金子千尋 もう文句なしで大谷くんですよね。はい。

 

則本昂大 いや、もうこれは100分の100じゃないですかね。多分。

 

各球団のエースもうなる文句なしの第1位。日本ハム大谷翔平がスピード部門3連覇。日本最速の162キロを記録した2014年が44票。最多勝をはじめとする3つのタイトルを獲得した2015年は54票をゲット。そして日本最速を更新する165キロをマークした2015年は・・・

 

石田健太 やっぱり大谷くんじゃないですかね。

 

野村祐輔 大谷くんだと思います。

 

石川雅規 大谷選手ですね。

 

吉見一起 大谷くんです。

 

藤浪晋太郎 文句なしで大谷じゃないですかね。はい。

 

100人分の1史上最多の68票を獲得。2016年シーズン、その進化は凄まじかった。6月には163キロを投じ。9月のオリックス戦では糸井との対戦でタイムリーヒットを打たれた1球が最速更新の164キロ。そして、10月のクライマックスシリーズ・ファイナル。9回緊急登板にもかかわらず、またまた日本最速記録を更新の165キロ。この瞬間、ベンチで驚愕の表情を浮かべた内川ですがスピードボールとして挙げたのは・・・

 

内川聖一 大谷くん!のフォークかな。149キロのフォークは速かったですね。

 

165キロではなく、まさかまさかのフォークをチョイス。

 

2016年9月2日に149キロのフォークを空振りする内川の映像が流れる

 

 

では、日本最速の男は誰をスピードキングに選ぶのか

 

大谷翔平 スピードボールはソフトバンクのスアレス選手ですね。はい。単純に速いと思って見てました。打席で。

 

ソフトバンクの159キロ右腕スアレス(3票)を挙げた大谷。自らのボールとの違いを感じることはあるのか。

 

大谷翔平 単純にスピードが速いですね。単純にスアレス選手はドン!と来るような感じはしますけど。(スアレスとの違いは)分からないですね。僕は速いものは速いと思っているので。

 

投手票数
1位大谷翔平68
2位マシソン9
3位サファテ7
番外今永昇太4
番外スアレス3

 

その他の100人が選ぶナンバーワン

 

以上です。

2016年の大谷は伝説。

おすすめの記事