2019430日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.広島カープ戦で阪神タイガースの1番近本光司、2番糸原健斗が9出塁で勝利に貢献。この働きについて元中日の谷沢健一がフリーアナウンサーの山田透と共に語っています。

 



1番・近本光司について

この日の近本の打撃内容
1打席目 四球
2打席目 四球
3打席目 ライト3塁打(打点1)
4打席目 四球
5打席目 ライト前ヒット

 

アナ カープに勝利の阪神。谷沢さん、そんな中でタイガースの12番です。近本と糸原。

 

谷沢 うん。今日はこの二人で9出塁ですね。

 

アナ えぇ。

 

谷沢 近本のバッティングを見てほしいんですけどね。バットを短く持って、ただ当てにいかないんですよね。3打席目の3ベースヒットなんかそうですよね。

 

アナ はい。

 

谷沢 近本はしっかりとしたスイングができてる。5打席目のライト前ヒットでもそうですよね。やっぱり足が速いということになると、ついつい三遊間の方に当てにかかってしまう選手が多いんですけど、そういうバッティングが終始付きまとうんだけど、近本は当てにいかない。

 

アナ はい。

 

 

2番・糸原健斗について

この日の糸原の打撃内容
1打席目 四球
2打席目 レフト前ヒット(打点1)
3打席目 四球
4打席目 レフトフライ
5打席目 ライト3塁打(打点2)

 

谷沢 そして2番の糸原とそうですね。粘った末に追い込まれての2打席目のレフト前ヒット。こういうバッティングは不可欠ですね。最後のライトの3塁打もそうですね。

 

アナ 今年の糸原はキャプテンでもあるし、選手会の副会長でもあるし。去年は全試合に出場してチームをガンガン引っ張ってますよね。

 

谷沢 また木浪も下位打線で頑張ってるし、今日は1軍に復帰した高山もヒット打ったし、このへんの12番の争いというのは今後も続くでしょうね。

 

アナ 得点力、攻撃力に苦しんでいたタイガースが上がってきました。

 

 

以上です。

糸原は職人のような働きをして目立ちにくいですが近本の働きは新人とは思えないです。
おすすめの記事