2021年10月10日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日の東京ヤクルトスワローズとの天王山 第3ラウンドで3番手で登板し3四死球で試合の流れを渡してしまった阪神タイガースの及川雅貴について元日ハムの岩本勉、元近鉄西武の金村義明、元南海阪神の江本孟紀がフジテレビアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



この日の及川の投球内容
1人目 青木にデッドボール
2人目 山田にフォアボール
3人目 村上にデッドボール
これで降板し阪神はその後に同点に追い付かれる

 

アナ 阪神はヤクルトとの天王山 第3ラウンドに敗れてカード負け越し。ヤクルトの優勝マジック9となりました。江本さん、この試合の阪神にとってのポイントはどこでしょう?

 

江本 阪神は3番手で投げた及川ですね。最初のバッター左の青木のデッドボールから始まって、山田にフォアボール、そして村上にもデッドボールで3人続けての四死球なんですよ。

 

岩本 はい。

 

江本 私は高校時代に4連続デッドボールという記録を持ってますけど。

 

岩本 (笑)

 

江本 まあ、この大事な試合で3人連続の四死球というのはやっぱりゲームの流れを変えますよね。

 

岩本 うーん。金村さんはこの3四死球についてはどうですか?

 

金村 入団2年目で投げっぷりのいい及川なんですけど、シーズン終盤に来てプレッシャーのかかる天王山ではちょっと荷が重かったのかなという感じがしますよね。

 

岩本 そうですよね。プレッシャーで完全にコントロールがバラついているという内容でしたよね。

 

金村 まあプレッシャーというか、意気込み過ぎというのか、体が突っ込んで腕が遅れてくる状態でしたよね。

 

岩本 はい。

 

金村 だから逆に昔の時代のように乱闘にならなくて良かったですよね。

 

岩本 そうですね。主軸の2人に当ててるわけですからね。

 

 

以上です。

2年目なんでやはり荷が重かった。
おすすめの記事