2020年11月11日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』で11月14日から始まるクライマックスシリーズの福岡ソフトバンクホークスvs.千葉ロッテマリーンズについて元ロッテの里崎智也、元横浜の斎藤明雄、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



投手戦に持ち込め

真中 今日は里崎さんとロッテで投手コーチもされたことがある斎藤明雄さんと『もしロッテがソフトバンクを破るなら』という目線で見ていきたいと思います。ちょっとソフトバンクファンの方には申し訳ないんですけど(苦笑)

 

里崎 はい(笑)

 

真中 どう戦っていけばいいのか、というところで2010年の下剋上を成し遂げた里崎さんに伺いたいと思います。

 

里崎 はい。

 

真中 下剋上の時のチームの雰囲気はどうでしたか?

 

里崎 下剋上の時はオセオセですから、勝てたらラッキーぐらいでいって見事に勝てたというところで大きな勝利になりましたけど。

 

真中 はい。

 

里崎 今年のチームでいうと2位になれたんで、クライマックスシリーズに出れますけど、戦い方としては僕はロースコアに持ち込めるかどうかが勝負やと思うんですよね。

 

真中 投手戦ということですね。

 

里崎 はい。だから2対1とか、3対2で勝つイメージの戦い方ができるかどうかがロッテの勝機だと思うんで。

 

真中 はいはい。

 

里崎 そうなってくると大切なのはピッチャーだと思うんですね。だから土日は美馬―二木、もしくは二木―美馬だと思うんです。

 

真中 どちかが土曜か日曜に先発で投げると。

 

ソフトバンクの先発候補
千賀滉大

今季18試合11勝6敗 防2.16

vsロッテ 3試合2勝1敗 防2.42

石川柊太

今季18試合11勝3敗 防2.42

vsロッテ 2試合1勝1敗 防2.77

東浜巨

今季19試合9勝2敗 防2.34

vsロッテ 5試合2勝1敗 防3.41

ムーア

今季13試合6勝3敗 防2.65

vsロッテ 4試合0勝2敗 防2.36

ロッテの先発候補
美馬学

今季19試合10勝4敗 防3.95

vs SB 7試合5勝1敗 防2.70

石川歩

今季21試合7勝6敗 防4.25

vs SB 5試合2勝2敗 防3.41

二木康太

今季15試9勝3敗 防3.40

vs SB 4試合3勝0敗 防3.20

チェン

今季4試合0勝3敗 防2.42

vs SB 2試合0勝2敗 防2.57

 

 

里崎 その中で最低でも6イニングを2失点以内に抑える。

 

真中 2失点以内ねぇ。うんうん。

 

里崎 それで唐川・澤村・益田に繋げる。

 

真中 はいはい。

 

里崎 この展開に持ち込めると、攻撃陣なワンチャンスをものにして勝ち切るというところが一番のポイント。

 

真中 うーん。

 

里崎 そしてその中で乱打戦で打ち勝つということもできれば言うことないんですけど、一番はロースコアで戦えるかどうかが勝負になると思いますね。

 

真中 中継ぎ陣もロッテは充実してきましたからね。

 

里崎 そうですね。

 

真中 明雄さん、このCSでロッテの勝機はどう見てますかね?

 

斎藤 うーん。まあ投手陣は数字的にはソフトバンクが有利に見えますけど、美馬・二木・チェン・石川の調子を見ると、互角に戦えるんじゃないかなと思いますよね。

 

真中 そうですね。美馬はソフトバンクに対して非常に相性がいいから1戦目に投げるかなというところですよね。

 

斎藤 そうですね。シーズン中もしっかりと投げてますし、何しろ勝ってるのが強みですよね。7試合で5勝1敗ですからね。それでマウンド捌きも良くなって自信を持っていけると思うんですよね。

 

真中 そして二木もいいですよね。

 

斎藤 はい。二木は後半戦に良くなってきてましたから楽しみですよ。二木は前回の登板でグラシアルに対してインサイド攻めでイライラさせてましたからね。

 

真中 はいはい。

 

斎藤 そういうのが意外と武器になるんじゃないかなという感じがしますよ。

 

真中 うんうん。一方のソフトバンクも千賀・石川・東浜が絶好調と思うんですけど(笑) 特に千賀なんかは抜群の安定感がありますよね。

 

斎藤 前回の東浜はちょっと悪かったけど、変なプレッシャーがかかっていたのかなという感じはありましたね。

 

真中 千賀はこの前のロッテ戦で奪三振9でしたしね。

 

斎藤 真っ直ぐといい、フォークといい、隙がないですよね。

 

真中 そして石川ですよ。里崎さん、石川もいいピッチャーですよね(笑)

 

里崎 そうですね。もしかしたら先発の頭数は千賀・東浜・和田・ムーアといるんで、ひょっとしたら石川が中継ぎのスクランブル態勢でいく可能性も僕はあると思うんですよね。

 

真中 それもあるね。

 

里崎 それで後ろのモイネロ・森に繋げる形になってくると。

 

真中 はい。

 

里崎 一番のホークスの負けそうな要因はフォアボール連発。そうなるとロッテに分があると思うんで、この前の千賀のようにストライク先行で勝負できるといいピッチングするでしょうし、その次の試合の東浜のようにいきなりフォアボールを連発して押し出しとなってくると、ロッテに分があると思うんで。

 

真中 うーん。

 

里崎 コントロールを乱すかどうかもポイントになってくるかもしれないですね。

 

真中 そうですよねぇ。投手陣は両チーム共にいいですから、里崎さんが言うように僅差の試合になる可能性が高いですよね。

 

 

周東を警戒せよ

里崎 そうですよね。だからホークスはやっぱり1番に入ってくる周東をどこまでロッテが抑えられるか。

 

今季の周東の成績
103試合 率.270(307-83) 出塁率.325
盗塁50(13試合連続盗塁を決め世界記録)

 

真中 うん。

 

里崎 やっぱり周東を塁に出してしまうと、足も気になる。それでそのあとに中村・柳田・グラシアルと続くところでピンチが大きく広がってくるんで。

 

真中 うーん。

 

里崎 ロッテ投手陣はこの1番の周東をどこまで抑えられるかどうか。

 

真中 そうですね。

 

里崎 それで逆に言えば、ロッテの打線でいえば荻野が1番に多分入ってくると思うんで。

 

真中 はいはい。

 

里崎 荻野と周東の1番の出塁率の対決もちょっとシリーズの鍵を握るかなと思いますね。

 

真中 里崎さん、周東の足を防ぐというところでどこに気を付けるべきかという。

 

里崎 それは一番簡単なのが塁に出さないこと。全力で塁に出さない。

 

真中 それはそうなんだけど、出た後の対応はどうしましょ?(笑)

 

里崎 まあ、それはピッチャーがクイックをしっかりするだけですよね。

 

真中 うんうん。

 

里崎 あとね、周東が盗塁をするとキャッチャーが焦ってワンバンしたりボールを逸らしたりするんですよ。

 

真中 焦りますからね。

 

 

里崎 だからキャッチャーは焦らずに集中して、セーフになったら仕方ないというぐらいの気持ちでいかないと送球が乱れますね。

 

真中 でもやっぱりあれだけのランナーだと冷静に投げるというのも難しくなりますよね。

 

里崎 僕はいつも「ちゃんと投げてセーフになったら俺のせいじゃない」とずっと思ってたんで。

 

真中 じゃあ里崎さんのように割り切っていくということですね。

 

里崎 はい(笑)

 

真中 明雄さん、この周東の足を封じるというか、マークするというのは大事ですよね。

 

斎藤 そうですよね。ヒットを打たれるのは仕方ないと思うんですよ。だから周東に対してフォアボールを出さないことが一番ですよね。もし周東を出してもピッチャーはバッターに集中しなければいけないんですけど、簡単に走られないようにしつこいほどけん制をしてもいいんじゃないかなと思います。

 

真中 なるほど。

 

斎藤 そしてクイックもしっかりとやる。最近はセットポジションもそんなにうるさくなくなってるので、その辺でのセットの間とかも考える。

 

真中 はいはい。そうですね。

 

里崎 あと荒業が一つあるんです。

 

真中 ほぉ。荒業がある?

 

里崎 2アウトの場合は9番をわざと塁に出す。

 

真中 でも歩かせると1-2塁になりますよね(笑)

 

里崎 そうなると周東の足を警戒しなくていいんで。やっぱり先頭バッターの周東が一番気にしければいけないと思います。そういった荒業もあるっちゃあるよと。

 

真中 あるっちゃある(笑) じゃあ、ないっちゃないんですね?(笑)

 

里崎 それは荒業なんで、究極の選択ですから。

 

真中 まあ、何とか周東の足を防ぐなら荒業も仕方ないと。

 

里崎 はい。

 

 

主砲・井上はメンタル

アナ そして気になるのが井上選手です。10月11月はちょっと不振でしたけど、短期決戦ではいかがでしょうか?

 

井上の成績
シーズン打率.245 本15 点67
対ホークス戦.263 本3  点13

 

真中 はい。里崎さん、やっぱり短期決戦では長打力が必要になると思うんですけど。井上の復調。

 

里崎 そうですねぇ。だからもうプレッシャーに勝てるかどうかですね。

 

真中 あぁ。

 

里崎 サヨナラヒットを打ってヒーローインタビューで泣いたのがありましたけど、もう泣いた時点でプレッシャーに負けてるんですよね。

 

真中 うんうん。

 

里崎 そのプレッシャーに勝てるかどうか。力はあるんで、そこでのメンタルコントロールができるかどうかが勝負ですね。

 

真中 はい。その辺は短期決戦ですからね。明雄さん、短期決戦では井上の長打力が必要だと思うんですが。

 

斎藤 2アウトだったらホームランバッターはフルスイングですよ。追い込まれても真っ直ぐ待ちでいいと思いますよ。

 

真中 はい。

 

斎藤 チャンスになれば犠牲フライも考えていいと思うんですけど、やはり自分を信じてやればいいと思いますけどね。

 

真中 そうですね。どうしてもホームランというのはこういうゲームでは必要になってくると思うんですけどね、里崎さん。

 

里崎 そうですね。まあ、短期決戦はいいところで1本打ったら勝ちなんで。トータルの成績なんかいらないんです。いいところで1本です。それぐらいのメンタリティーでいくと楽なもんですよ。

 

真中 そうですね。まあ、短期決戦では投手戦になりがちなので一発で決まるというのがよくある事なので。

 

里崎 そうです。

 

 

若武者・藤原に期待

真中 そしてロッテは勢いを付けるために若い藤原ですね。

 

今季の藤原
率.260(96-25) 本3 点10 盗4 出塁率.301

 

アナ 期待したいですね。

 

真中 シーズン終盤から出てきて、落ち着いてプレーしている藤原を見ているとキーマンになるように思うんですよね。明雄さん、藤原選手についてどうですかね?

 

斎藤 この藤原選手のいいところはフルスイング出来るところなんですよね。

 

真中 そうですね。

 

斎藤 でも、どうしても出塁率を考えると荻野を1番に持っていきたいですよね。

 

真中 うーん。そうですよね。

 

斎藤 そこで2番に置くと藤原のフルスイングが消えちゃう。だから9番辺りで先発で使ってほしいなあと思いますけどね。

 

真中 そうですね。里崎さん、藤原についてはいかがですか?

 

里崎 藤原のおかげと言っていいぐらいの活躍はしましたよね。

 

真中 頑張りましたよね。

 

里崎 勝負所でやってくれましたよね。そういう意味では藤原が起爆剤となることが十分に考えられるんで、打順はどこになるか分からないですけど、ひょっとしたら怖いもの知らずでいいところを見せれるクライマックスシリーズになる可能性も十分にあると思います。

 

真中 まあ、若い選手で経験はないと言いますけど、思い切ったことはできますよね。

 

里崎 そうですね。逆にそういうことができますよね。

 

真中 明雄さん、ロッテはソフトバンクに対してどういった戦いをしてほしいですかね?

 

斎藤 まあ、ロッテの先発は思い切って最初から飛ばしていっていいと思います。

 

真中 ピッチャーが頑張るしかないということですね。では、里崎さんが考えるロッテを倒す方法は?

 

里崎 ピッチャーが頑張って最少失点で抑える。そしてバッターはワンチャンスをものして勝つ。これしかない。

 

 

以上です。

ロッテは最少失点でいくしかない。
おすすめの記事