2018年7月27日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦でスタメン出場し第1打席でいきなりホームランを打って山口俊のノーヒットノーランを演出した読売ジャイアンツの育成出身のマルティネスについて元南海阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



【この日のマルティネスの打撃力内容】

1打席目 ライトホームラン (打点1)

2打席目 キャッチャーファールフライ

3打席目 空振り三振

4打席目 セカンドゴロ

 

 

アナ 触れないといけないのがマルティネス選手ですよね。育成から昇格した選手です。

 

大久保 豊さん、この選手はどうですか?同じ左バッターで。1打席目に踏み込んでフォークの抜け球をホームランという。

 

高木 まあ、ホームランというのはそれだけ運もなければ初打席で打てないと思うし、ベンチに帰ってきた時に、みんなの出迎えがスゴく温かい。

 

大久保 そうでしたねぇ。

 

高木 うん。というのは、何か持っているものがあるんですよね。

 

大久保 ありますよね。慎之介のバットを使って、レガースは陽岱鋼のを使ってますからね(笑)

 

高木 監督も雰囲気を変えてくれたっていう試合後にコメントをしていましたし。

 

大久保 そうなんですよね。

 

高木 だから、そういう流れを変えたり、雰囲気を変えられたりする選手なのかなって。

 

江本 下に着ているシャツは赤いのじゃないの?

 

大久保 そうですか?

 

江本 何か広島系の匂いがするんだけどね(笑)

 

一同 (笑)

 

江本 ドミニカっていうと(笑)

 

高木 まあ、確かにね(笑)

 

江本 でも、横から見た映像だとスゴく柔らかいね。

 

高木 柔らかいですね。

 

大久保 これで雰囲気を変えてもらって。

 

アナ そうですよねぇ。

 

大久保 巨人軍というチームが強くないとですね。正直、それをみんなが叩くっていうようなチームになってほしいんで。

 

アナ 試合前の時点では6連敗していましたけど、連敗が止まりましたしね。

 

大久保 是非、巻き返してください。

 

アナ 更なる浮上に向けて頑張ってもらいたいと思います。

 

大久保 はい。

 

 

マルティネスのプロフィール

1993年3月29日生まれ 188cm・77kg

右投両打 ドミニカ共和国出身 背番号96

ファーム71試合、打率.271、本塁打14、打点41

 

 

以上です。

育成から飛び出してきた外国人選手です。広島のバティスタみたいにチームに必要な戦力になっていくかもしれません。

おすすめの記事