2019420日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日の横浜DeNAベイスターズ戦で先発し、今季3勝目をあげた広島カープの床田寛樹について、そして上向いてきた広島打線について元横浜の斎藤明雄と元巨人の斎藤雅樹がフジテレビアナウンサーの大村晟と共に語っています。

 



この日の床田の投球内容

7104被安打5 奪三振8 四球2 失点1

今季31敗 防御率2.30(4/20の試合終了時点)

 

 

床田のヒーローインタビューの一部

床田 いい流れで登板が回ってきたので、流れに乗れて良かったです。僕が投げてる試合ではたくさん点を取ってくれるんで、自分のピッチングだけのことを考えてしっかり投げました。

 

 

床田について

アナ 昨シーズンのリーグ王者広島が快勝。今シーズン、初の3連勝。そして今シーズン初のカード勝ち越しとなりました。明雄さん、カープの先発の床田投手ですけど、これでリーグトップタイの3勝です。

 

明雄 先発として肘の故障で手術したりがあったんですけど、その間に諦めずに下半身強化をして、ここで復活しましたよね。

 

アナ はい。

 

明雄 腕の振りが鋭くなってますよね。だからチェンジアップも生きるしキレのいい真っ直ぐを投げられているのかなと思います。

 

アナ 今季ここまでの床田投手は素晴らしいですね。

 

明雄 自信持っていいと思いますよ。緒方監督が日本人の左ピッチャーの先発が欲しいということで床田が出てきたと思いますよ。

 

アナ うーん!

 

 

打線復活の兆し

アナ そして床田投手を助けた打線なんですけど、今シーズンが丸選手が抜けてその穴をどうなるのかなと注目していたんですが、ここ3試合はバティスタ選手が3番に入っているんです。そしてそれで3戦全て勝っているということで雅樹さん、このタナ・キク・バティの上位打線はどうでしょうか?

 

雅樹 もちろんタナ・キク・バティがいいんでしょうけど、やっぱり僕は12番の田中菊池だと思うんですよね。

 

アナ はい。

 

雅樹 特に1番の田中が出て、足を使うぞ使うぞとやって2番の菊池に集中できないという状況を作ってね。そうするとドンドン繋がっていくと思うんですよ。やっぱりタナキクがこれからもっともっと打てば広島はやっぱり強くなっていくんじゃないですか。

 

アナ 今日は下位打線も打ってきてますね。

 

雅樹 そうですね。やっばり會澤がいいですよね。野間も去年からバッティングが良くなってきていますからね。

 

アナ 去年の王者広島の強さが徐々に垣間見えつつあります。

 

 

以上です。

打線はやっぱり力があります。
おすすめの記事