2018年6月13日のvs.日ハム戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

試合は阪神・小野、日ハム・上沢の先発で始まる。阪神の小野は序盤が荒れまくりでのらりくりくらりで3回裏に1点先制される。阪神は次の4回表に糸井、中谷、鳥谷、陽川の4連打で一挙3点で逆転する。しかし、4回表になっても小野は立ち直れず4回途中で100球近く投げてピンチを作って尾仲にスイッチ。その代わった尾仲がまさかの大炎上で6失点。5回表にも代わった谷川がソロホームランを打たれて1点追加され5点差となり負けムードが漂う。しかし、いつもの阪神ではない今日の阪神は7回に2点、9回にも2点を取り1点差まで追い詰めるも最後の打者原口があえなく空振り三振で試合終了。最終スコア7-8で阪神の敗戦。MBSラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。



 

【金本監督の試合後のコメント】

―今日の試合の大まかな感想

金本 打つ方では殻を破りつつあるんじゃないのかなと思っています。

 

―先発の小野について

金本 ストライクを取るのが精一杯だったんで、小野の悪いところが出てしまった。前の打席で打たれている打者が出て来たんで交代に踏み切った。(尾仲にスイッチした場面) ストライクさえ取れればそんなに打たれないピッチャーなんで、自分の良さをこれから生かしていってほしい。

 

―打線で何が良かったのか

金本 今日はタイムリーが出たことが評価できる。陽川、糸井、トリ、隼太。若手、中堅、ベテランでバランス良くタイムリーが出て前向きに捉えていきたい。

 

 

以上です。

今日の試合は負けはしましたけど、打線が上向きになりつつあるのが感じられたので以前のような閉塞感はなくなって楽しく見られました。これが続くなら阪神ファンも楽しく野球を見られるでしょう。それにしても、先発の小野のノーコン具合は酷かった。

おすすめの記事