2018年11月1日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で日本シリーズ2018、広島カープvs.福岡ソフトバンクホークスの第5戦、9回表裏の広島とソフトバンクのギリギリの熱い攻防について元中日の谷沢健一、元日ハムの岩本勉、元ヤクルト広島の笘篠賢治がフジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈と共に語っています。

 



アナ 同点で迎えた9回の広島の攻撃です。

 

谷沢 ここは森唯斗が8回表の途中から出てきて、1人打ち取ってからの9回。2アウト2塁で丸の打席でのライトライナーの当たりが非常に惜しかった。丸の状態は戻ってきたね。

 

苫篠 というよりも、僕はソフトバンクの外野のポジショニングを褒めてあげたい。

 

谷沢 ほー。

 

苫篠 2アウトランナー2塁で点を取られたくないから前進守備というところを定位置で守らせたベンチの判断ですよ。

 

谷沢 うん。

 

苫篠 「監督どうしますか?前に守らせますか?」って絶対にベンチで話し合われています。

 

谷沢 うん。

 

苫篠 この中でやっぱり2塁ランナーが足の速い田中広輔ですし、内野の間を抜けるヒットで1点を取られるのはしょうがないと考えてね。それよりもバッターと考えて長打率が高い丸なんで、定位置で守ろうという判断が見事にハマりました。

 

谷沢 そうだよね。

 

苫篠 前に守っていたら丸の打球はライトの頭を越されていますからね。

 

谷沢 苫篠さん、それについては頷けますよ。

 

アナ 意見が合いました(笑)

 

岩本 でもあの当たりを見たら丸のスイングが戻ってきてますよね。

 

苫篠 戻ってる。

 

アナ やっぱり一発打ったことで目覚めたということなんですかね。

 

岩本 だと思います。

 

アナ そして9回裏のソフトバンクの攻撃です。

 

苫篠 まず先頭の高谷なんですけど、普通のセカンドゴロをファーストに慣れていないバティスタが追い過ぎたんですよね。

 

岩本 送球も逆方向に逸れてしまいましたんで、ちょっとバタバタした内野安打に見えましたね。

 

谷沢 ソフトバンクはそのランナーをバントで送って、上林を申告敬遠して、ここで前の打席でホームランを打っている明石を迎える。

 

苫篠 このピンチでピッチャーもフランスアから中崎に代わりましたけど、今日の中崎のボールはあまりキテなかった。

 

谷沢 うーん。

 

苫篠 最近の中崎はいい球がキテる時とキテない時がハッキリと出るんですよね。ですから、この場面でガンちゃんと見ているときに「これはミスショット待ちだな」という感じがこのイニングの中崎にはしましたね。

 

谷沢 でも、ベンチはもう信頼しかないよね(笑)

 

苫篠 そうなんですよ。調子がいいとか悪いとかじゃなくてね。

 

結局、この回の中崎は明石とグラシアルを何とか抑えて延長戦へ突入

 

 

以上です。

めちゃくちゃしんどい試合してます。

おすすめの記事