2018年11月1日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で日本シリーズ2018、広島カープvs.福岡ソフトバンクホークスの第5戦、延長10回裏のソフトバンク柳田悠岐の日本一へ王手となるサヨナラホームランについて元中日の谷沢健一、元日ハムの岩本勉、元ヤクルト広島の笘篠賢治がフジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈と共に語っています。

 



谷沢 いやぁ、こんな形で決着するとは。

 

アナ スゴい試合でしたね(笑)

 

谷沢 また引き分けかなというような様相を呈してたから。

 

アナ 引き分けなのかなって思いました。

 

谷沢 さすがだね。苫篠さん、内にちょっと甘いスライダーが入ってきましたね。

 

苫篠 恐らく外から入ってくるスライダーで、昨日(第4戦)も上林が野村祐輔の外から来る甘いスライダーを打ちましたけど、同じようなボールだと思いますね。

 

谷沢 ガンちゃん、広島は左ピッチャーが1枚足りないと言われているけど、しかしここは抑えの中崎に賭けるしかないよね。

 

岩本 そうですね。シーズンの戦い方を見ましても、チームの中での信頼性を見ましても、やっぱり中崎の続投だと思うんですけど、でもこのシリーズ中に柳田に対してカープバッテリーが執拗にインサイドを攻めていましたよね。

 

谷沢 そうそう。

 

岩本 あのサヨナラホームランのような甘い球がほとんどなかったんですよ。

 

谷沢 うん。

 

岩本 そしてバッティングフォームをも狂わされていたように感じた柳田がここ一番で決めるんですもんね。

 

谷沢 うん。だから、広島は丸でソフトバンクは柳田。両方ともに主力を封じていたよね。

 

岩本 そうですよね。徹底マークをしていましたよね。

 

アナ ここで柳田選手のヒーローインタビューです。

 

 

【柳田のヒーローインタビューの一部】

―今の気持ちは?

柳田 疲れてます。

 

―不調の日本シリーズだが最後の打席の気構えは?

柳田 久々にももクロの怪盗少女が流れたんで、めちゃくちゃテンション上がっていきましたね!

 

―ということはサヨナラHRも頭にあった?

柳田 いや、全くなかったんですけど・・・ないですね(笑)

 

―改めて日本シリーズでのサヨナラHRについて

柳田 バットが折れていたんで、新しいバットをまた補充します!

 

―サヨナラHRのときにバットが折れていた?

柳田 そうですね。『うわー折れた』と思ったんですけと、テラスに入ったんでビックリしました。

 

―物凄いパワー

柳田 初めての経験なんでスゴい嬉しいです。

 

―いよいよ王手

柳田 あと一つです。

 

―明後日の第6戦に向けて

柳田 こんな夜遅くまで皆さん、ありがとうございます!マツダスタジアムに行きますけど、皆さんも新幹線に乗って、車でもヒッチハイクでもいいんで、また広島で会いましょう!

 

 

以上です。

劇的な幕切れ。

おすすめの記事