2021年6月24日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で執拗なインコース攻めで6試合ぶりのノーヒットに終わった阪神タイガースの佐藤輝明について元横浜の高木豊、中日で監督をしていた谷繁元信、元横浜の平松政次がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



この日の佐藤の打撃内容
1打席目 空振り三振
2打席目 ファーストフライ
3打席目 ライトフライ
4打席目 空振り三振
シーズン打率.285(6/24の試合終了時点)
6試合ぶりのノーヒット・・・

 

高木 谷繁さん、昨日(6/23)ホームランを打ってる佐藤なんですけど、今日は精彩を欠いていたという事で。

 

谷繁 そうなんですよ。今日は徹底的にインサイドを攻められたんです。

 

高木 なるほど。

 

谷繁 ストレートや変化球、全球種で。そして「もうないだろう」という事で最終打席でもまたインコースを投げられて。僕ビックリしたんですけど、最終打席の三振を取られた球はインサイドのスライダー系を空振りしてそのボールが足に当たっちゃったんです。「そこを振るか?」っていうボールでね(笑) やっぱりそれぐらいインサイドを意識させられた結果なんですよ。

 

高木 うんうん。

 

谷繁 だから今後、他球団もこの攻めをかなりやってくると思うんですよ。今年の開幕当初、そこを攻められ過ぎて崩していったじゃないですか。

 

高木 そうでしたね。

 

谷繁 今、その状態に入りそうなんですよ。だからもう一個我慢して、自分が打てる球を投げさせるようなカウントの持っていき方をやってほしいなと思いますね。

 

高木 なるほどね。平松さん、佐藤も山あり谷ありで色々とあると思うですが。

 

平松 そりゃあそうですよ。まあ、研究されるからね。

 

高木 はい。

 

平松 元々速い高めストレートとインサイドのボールは打てないんだけど、その中で変化球をよくホームランにしてるよね。

 

高木 そうですね。

 

平松 だから今日みたいに徹底的に攻められたら、今後少し快音が聞けなくなるかもしれませんね。

 

高木 なるほどですねぇ。まあ、でも魅力のある選手ですよ。

 

アナ 今後も見ていきたい選手ですよね。

 

高木 でも、空振りしたボールがバットに当たらずに足に当たったらいかんね(笑)

 

谷繁 フフフ(笑)

 

 

以上です。

これからも壁にはぶち当たると思います。
おすすめの記事