2019106vs横浜DeNAベイスターズ戦@横浜スタジアムのCS 1st 2戦目の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は青柳晃洋、DeNAの先発は濱口遥大。阪神は初回からランナー3塁に近本を置くが3番福留と5番大山が凡退し無得点。一方のDeNAは初回にロペスの2ランで先制。3回裏には筒香のソロホームランで3点差となる。阪神の反撃は5回表、青柳の代打上本がヒットで北條福留の連続タイムリーで2点取り1点差とする。更に6回裏に上本がタイムリーで同点。阪神の流れに見えましたが6回裏にDeNAが神里のタイムリーで再び1点勝ち越し。ここから9回表に飛び1点ビハインドで2アウトという場面で福留が起死回生の同点ホームランで追い付く。しかし9回裏に乙坂がサヨナラ2ランを放ち勝負あり。最終スコア4-6で阪神の負け。ABCラジオの野球中継のレポートを参考に紹介します。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―第一声

矢野 めっちゃええゲームやったんちゃう。お互いにとっていいゲームだったと思う。うちもそうだし、向こうもやれることをやったと思うし。決め手が相手にあっただけだと思うよ。

 

―敗戦について

矢野 今日負けてどうのこうのというのはないし、やり切るだけじゃないかな。

 

―同点のホームランの福留について

矢野 あれはスゴいとしか言いようがないでしょ。経験もあると思うし、意地もあると思うしスゴいに尽きる。

 

2イニング目でサヨナラ被弾の岩崎について

矢野 優? (信頼は)変わらないよ。もちろん明日も優に頼る展開になると思うから優にはお願いすることになる。

 

―好調の上本について

矢野 代打でずっと打って、らしさが出てきている。

 

―明日に向けて

矢野 明日、自分たちがやる野球を変えることはないし、同じことをやる切るだけ。なので(明日の先発の)高橋遥人は技術どうこうではなく腕をしっかり振ってやる切るしかないんじゃないの。

 

 

以上です。

いい試合でした。
おすすめの記事