2017年3月にBS1で放送された『球辞苑』で立浪和義がメジャーリーガーのゲッツーの凄さと日本の歴代ベスト二遊間を番組MCの徳井義実と共に語っています。

 



AKI猪瀬がメジャーリーグにおけるゲッツーを語っているVTRを見てから立浪と徳井が語っています

 

 

立浪が考えるメジャーのゲッツー

徳井 立浪さんから見てメジャーのゲッツーの凄さはどこですか?

 

立浪 やっぱり肩の強さですね。地肩が強いからどの体勢からでも強く投げられる。

 

徳井 うーん。

 

立浪 あとはメジャー選手はよく素手で捕って投げるんですけど、あれ簡単そうで意外とよっぽど普段からやってないと投げられないんですよね。

 

徳井 そうなんですね。

 

立浪 メジャーの選手は手が大きいですから簡単に捕れるんですけど、日本人だと緩いゴロでも素手でだと弾いてしまいますもんね。

 

徳井 へぇ~。

 

 

立浪が考える日本のベスト二遊間

徳井 立浪さんのお気に入りの二遊間コンビはどうですか?

 

立浪 自分は横浜ベイスターズの石井琢朗とロバート・ローズ。

 

徳井 ほー。

 

立浪 ゲッツーに関して言えば、あの二人はとにかく捕ってから速いし肩も強いし。

 

徳井 うんうん。

 

立浪 ダブルプレーは確実に取ってきます。

 

徳井 琢朗さんなんかは外国人選手ともスッと合いそうですね。

 

立浪 そうですね。

 

徳井 立浪さんがコンビを組んで一番やりやすかったのは誰ですか?

 

立浪 僕は意外と・・・意外とって言ったら怒られますけど宇野(勝)さん。

 

徳井 へぇ~。意外ですね(笑)

 

立浪 自分がショートの時に宇野さんは運悪くセカンドにコンバートしたんです。

 

徳井 はい。

 

立浪 宇野さんってフライが頭にボールが当たったという。

 

徳井 そのイメージがありますね(笑)

 

立浪 皆さんはけっこう下手なイメージを持たれていると思いますけど、実はスゴく上手いんですよ。

 

徳井 そうなんですか。

 

立浪 はい。捕ってからの柔らかさとか、グラフ捌きとか、スゴい上手かったですね。

 

徳井 そうなんや。

 

立浪 はい。

 

徳井 テレビって怖いですね。あのイメージがスゴいあるから。あればっかり放送されるんでポカやっちゃう人というイメージがどうしてもあるんですけどね。

 

 

以上です。

実は上手い宇野というのは知られていません。

おすすめの記事