2021年6月24日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で4連敗となってしまった広島カープ。その中でチーム内にキャッチャーが多すぎる問題について元横浜の高木豊、中日で監督をしていた谷繁元信、元横浜の平松政次がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



アナ 広島はヤクルトに敗れて4連敗で、対ヤクルトに7連敗となりました。

 

高木 はい。僕は個人的に思うんですけど、扇の要をあんまりコロコロ変えるのがあまり好きじゃなくて。谷繁さん、広島は特にキャッチャーをコロコロ変えてるなあと思うんですよ。

 

谷繁 そうですね。

 

高木 それで今年の先発マスクの試合を見てください。

 

広島のキャッチャーの今季先発試合数
會澤 翼 24試合
坂倉将吾 23試合
石原貴規 12試合
磯村嘉孝  3試合
中村奨成  3試合
※6/24の試合終了時点

 

高木 何か落ち着かないんじゃないかと思うんですよ。

 

谷繁 色々変わってるというのもありますし、違うポジションを守らせるというのもあるんですよ。

 

高木 そうなんですよ。

 

谷繁 僕はみんながそこに不安を抱くんじゃないかなと思うんですよ。

 

高木 だから今日の試合でも3人のキャッチャー登録の選手がスタメンに名を連ねてるんですよ。

 

谷繁 そうですよね。ファースト(坂倉)とレフト(中村)で。

 

高木 そしてキャッチャー(石原)でね。

 

谷繁 まあ、プランというものを感じられない。

 

高木 そうですね。

 

谷繁 結局その場しのぎで今しか考えてないだけ。そういうのをスゴく感じますね。

 

高木 なるほどね。平松さん、広島のキャッチャーを見て、誰を育てるべきだと思いますか?

 

平松 そりゃもう中村は若いんだろうけども、バッティングなんかは総合的に坂倉がいいですよ。

 

高木 はい。

 

平松 坂倉のバッティングの能力はナンバーワンですからね。ファーストで使ったりしてバッティングを買ってますからね。だから坂倉を育てていかなきゃいけないと思うね。まあ、會澤もある程度の年齢が来てるしてね。坂倉を中心にした方がチームはまとまるんじゃないですかね。

 

高木 なるほど。谷繁さんは誰がいい?

 

谷繁 トータル的に考えるとやっぱり坂倉かなと思いますね。

 

 

以上です。

これだけ多いとトレードで誰かを出すのもいいと思いますが
おすすめの記事