2019419日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で抑えとして登板し、史上140人目の通算150セーブを達成したオリックスバファローズの増井浩俊について元横浜の高木豊、元阪神ダイエーの池田興親、元横浜の野村弘樹がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



増井のヒーローインタビューの一部

増井 (前回やられていた楽天戦)やったりやられたりの世界なんで今度はやり返してやるという気持ちが今日はありました。クローザーとしてずっとバファローズで使い続けてもらっているので、こうやって記録を達成して少し恩返しできと思います。

 

47日の楽天戦で9回表に55の場面で登板し3失点

そこから411日からは3試合連続でセーブ

 

 

高木 池田 野村の解説

アナ 増井投手、キャリア10年で通算150セーブです。

 

高木 14人目ということで。

 

アナ はい。

 

高木 野村さん、やっぱり抑えって待ってる時間が長いと思うんですよ。それを10年間やってます。

 

野村 僕はイヤですね。

 

高木 ねぇ。

 

野村 ましてやチームの勝ち、先発ピッチャーの勝ちを背負ってあそこに上がる心境って普通じゃなかなかできないですよ。

 

高木 僕ら野手だったらこういう感覚かなと思うんですよ。

 

野村 はい。

 

高木 雨が降ってて、やるのかやらんのかハッキリしてくれみたいな。

 

野村 はいはい。

 

高木 そんな状態が毎日続いているような感じなんですけど。

 

野村 それが10年間の続いているというね。

 

高木 そんな感じでしょ?

 

野村 そう思いますよ。

 

高木 ブルペンで出番があるのかないのかってね。

 

池田 途中、苦しい時期もあったんですけど、そこを乗り越えてきた彼は強くなってますよね。

 

高木 そうですね。良かったですね。

 

アナ 本人は「もっと完璧に抑えられるようになりたい」と貪欲です。

 

高木 これからも頑張ってください。おめでとうございます。

 

今季成績 8試合0勝0敗1S 5H

通算成績 472試合35勝33敗139H 150S

 

 

以上です。

150セーブは立派です。
おすすめの記事