2019419日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で2つの送球エラーをした阪神タイガースの北條史也と怠慢走塁と言われても仕方ない走りをした糸井嘉男について元横浜の高木豊、元阪神ダイエーの池田興親、元横浜の野村弘樹がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



北條と糸井の問題のシーン

北條①

4回表3点ビハインド1アウト2-3塁で前進守備で少しサード寄りのゴロを捕球して体勢が悪いままホームに送球でタッチアウトを狙うが送球が大きく逸れてエラー。

 

北條②

その後に4点ビハインドになり1アウト1-3塁でゲッツーを狙ったプレーでファーストに転送する送球がワンバウンドしエラー。

 

糸井の走塁

8回裏2塁ランナー糸井は大山のフェンス直撃の当たりでジョギング走塁をしホームタッチアウト。

 

 

北條のエラーについて

アナ 巨人に敗れた阪神は守りのミスが目立ちました。

 

高木 これは阪神OBの池田さんに喝を入れてほしいんですが。あの北條のプレーはどう思いますか?

 

池田 これねぇ。3塁ランナーはそんなに慌てて投げないといけないところにはいないんですよ。

 

高木 はい。

 

池田 だから捕ってしっかり投げたらいいんでしょうけど、やっぱり慌ててしまって。まだしっかりとボールを握れてないですよね。

 

高木 うん。

 

池田 まだランナーは手前にいたんだすから、もうちょっとランナーを自分の目の中に入れてプレーすればいいかなと。そして次のゲッツーでの悪送球は前のやつが頭にあるから、しっかりいかなきゃというので強く腕を振りすぎて引っかかってしまったというところでね。これからこういうプレーを数多くやらないといけませんからね。ファーストも可哀想ですよね。

 

高木 そうですよね。カメラにファーストが抜かれちゃってね。ファーストが悪いような感じでね。でも、まずはキャッチボールができなかったら話にならんということですよ。

 

池田 そうですねぇ。

 

 

高木 それでボールってピッチャーが投げるの一番上手いと思ってるんですけど、やっぱり右投げだったら、どんなショートスローでも右足に乗せて左足に乗せる。その体重移動でボールを投げるんですよ。

 

池田 うん。

 

高木 1つ目のなんかランニングスローなんかいらないですよね。

 

池田 いらないですね。

 

高木 正面に入ってケツ割って踏ん張って投げる。

 

池田 うーん。

 

高木 それで次のゲッツーでの悪送球は、右足に体重なんか乗ってないですもんね。

 

池田 乗ってないですね。

 

野村 それで慌ててますよね。左のグローブも弾けちゃってるし。

 

高木 慌てるんだったら余計に右足に乗せて体重移動ですよ。だから多分キャッチボールで早投げの練習もしてないですよ。

 

野村 うーん。

 

高木 だからもっと練習させないかん。

 

池田 頭が先に行ってしまって、体が後でついていくみたいなので腕が遅れる感じですかね。

 

高木 これはね、プロとして恥ずかしい。これ本当に鍛え直さないと。北條っていい選手なんですよ。

 

池田 そうですね。

 

高木 去年なんかはバッティングをちょっと掴みつつあってね。

 

アナ はい。

 

高木 いい選手だけにやっぱり基礎を疎かにしたらダメ。ボールを投げる基礎を疎かにしているようじゃ成長はない。

 

 

糸井の走塁について

アナ それでこんなときに頼りたいベテランにも気になる点が。

 

高木 これは糸井も話にならない。お前いくら貰って野球やってんだと。

 

池田 これはちょっとね。

 

野村 3塁回ったところで抜いちゃってますもんね。

 

高木 フェンス直撃の当たりで2塁から還ってこれないって。

 

野村 力抜いてますよね。

 

高木 もう自分で楽勝だって決め付けてるもんね。それで途中から慌てて走ってもタッチアウト。若手の見本にならなきゃいけない糸井がこんなプレーしてたら若手はやっぱ伸びないよ。

 

アナ はい。

 

高木 こんな野球をやってるようじゃダメですよ。矢野監督もベンチでニコニコしてる場合じゃない。

 

野村 うん。

 

高木 矢野監督が糸井に対してどういう制裁を加えるか。僕はここが楽しみです。ここがチームを引き締めることになるから。

 

 

以上です。

高木豊は普段は優しいんですけどね。さすがにこれは誰でも苦言を呈しますよ。
おすすめの記事