2021年4月25日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で先発し、プロ初勝利を飾った千葉ロッテマリーンズの鈴木昭汰について元日ハムの岩本勉、楽天の監督をしていた田尾安志、広島で監督をしていた達川光男がフジテレビアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



鈴木のヒーローインタビューの一部

鈴木 なかなか勝つ事ができなかったんですけど、勝てて嬉しいです。球が甘くなったりして途中で交代してしまったのは少し反省点なんですけど、とてもよく投げれたと思いまsう。鈴木昭汰です!これからもチーム一丸となってリーグ優勝、日本一できるように頑張ります!応援よろしくお願いします!

 

 

鈴木を語る

この日の鈴木の投球内容
6回1/3 112球 被安打9 奪三振4 四球3 失点2
今季1勝1敗 防御率2.45(4/25の試合終了時点)
5試合目でプロ初勝利!

 

アナ ロッテが終盤のソフトバンクの猛攻を振り切り勝利しました。先発の鈴木投手は5試合目でプロ初勝利です。達川さん、この試合のポイントをお願いします。

 

達川 噛み噛みのヒーローインタビューですね。

 

岩本 (笑)

 

アナ 緊張してましたね(笑)

 

達川 まあ、それはジョークですけど、やっぱり鈴木のピッチングがポイントですよね。ストレートとツーシームで攻めましたね。鈴木のツーシームは私から言えばチェンジアップのように見えます。

 

岩本 そうですね。そういう風に見えますね。

 

達川 まあ本人がツーシームと言うんでツーシームなんですが、非常にツーシームが良かったですね。

 

岩本 はい。

 

達川 ただね、打ち取り球が全部ツーシームなだけで、ストレートも非常に良かったですよ。右バッターの懐にドンドン攻めてましたよ。だから外のツーシームが非常に効きましたよね。

 

岩本 なるほど。

 

 

以上です。

早川に負けてないですね。
おすすめの記事