2021年4月25日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で4番に入り4安打固め打ちと打撃センスが光る広島カープの西川龍馬について元日ハムの岩本勉、楽天の監督をしていた田尾安志、広島で監督をしていた達川光男がフジテレビアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



この日の西川の打撃内容
1打席目 ライト前ヒット(打点1)
2打席目 フォアボール
3打席目 ライト前ヒット(打点1)
4打席目 センター前ヒット(打点1)
5打席目 ライト前ヒット
シーズン打率.267(4/25の試合終了時点)
4番で4安打の固め打ち!

 

アナ 広島が巨人との乱打戦を制して勝利。5割復帰でカード勝ち越しです。

 

岩本 スゴい試合でしたね。達川さん、その中でもカープの西川です。

 

達川 はい。

 

岩本 4番に入ってます。

 

達川 シーズン当初からタナキクの並びでいってたので、左―右―左―右の打順でいってたんですが、菊池が1番に入ることによって右―左―右―左のジグザグ打線を組むという事で4番を西川にしたら上手くハマりましたね。

 

岩本 なるほど。不動の4番と見られていた鈴木が3番に回っても、そのジグザグ打線で一層の繋がりの良さが生まれたと。

 

達川 そうですね。それと西川は打順とか細かい事にこだわる選手ではないんで。

 

岩本 はい。

 

達川 何と言うか新人類というか天才的なところがあるんで。

 

岩本 なるほど。その天才的なバッターについて田尾さんにその打撃技術についてお聞きしたいんですけど。

 

田尾 西川くんはパッと構えた時にグリップの位置が動かないんですよね。

 

岩本 はい。

 

田尾 そこで体を動かして体重移動するんですよね。

 

岩本 トップの位置もそれ以上のテイクバックもなければヒッチもないですよね。

 

田尾 そうなんですよ。グリップが体から離れないバッターが僕は好きなんで、こういうバッターは打率が高くなる確率が高いですよね。

 

岩本 はい。4番に入って12打数6安打と勝負強さを見たときに適正もありますか?

 

田尾 もう彼は本当にトップクラスのバッターだと思うんでね。シーズン入って今までがちょっと悪かったのかなという印象ですね。

 

岩本 なるほど。新しいカープ打線ですね。

 

 

以上です。

長打力もあるのがいいですね。
おすすめの記事