2021年4月25日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で来日初ホームランを揃って放った東京ヤクルトスワローズの新助っ人コンビのサンタナとオスナについて元日ハムの岩本勉、楽天の監督をしていた田尾安志、広島で監督をしていた達川光男がフジテレビアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



この日の2人の打撃内容
サンタナ 左飛 右本 三振 遊ゴ 率.100(10-1)
オスナ  遊ゴ 中本 二飛    率.455(11-5)

 

アナ ヤクルトが中日との接戦を制して勝利。3年ぶりの5連勝です。

 

岩本 はい。先発の小川、そしてリリーフ陣が仕事を果たしての勝利でした。田尾さん、この試合でのポイントはどこでしょうか?

 

田尾 やっぱり勢いを付けたのは両外国人選手だと思うんですよ。オスナとサンタナ。

 

岩本 はい。

 

田尾 オスナとサンタナが両方ともホームランを打つんですけど、特にオスナのバッティングは非常に柔らかくて、これどこのコースでも打てそうな気配がするんですよ。これは大きな戦力になるんじゃないすかね。

 

岩本 なるほど。

 

田尾 それでサンタナもメジャーで77本のホームランを打ってるそうですが、サンタナの方がちょっと危ないなと。

 

岩本 危ないとは?

 

田尾 危ないというか、ちょっとウィークポイントを突かれそうな気配がありますね。

 

岩本 なるほど。達川さんは昨日ヤクルト戦をの中継で解説されていたという事ですけども。

 

達川 はい。してましたね。私も田尾さんと同様でオスナの方が日本の野球に合いそうな感じに見えるんですが、打順を見るとサンタナの方が前を打ってるんですよ。

 

岩本 はい。

 

達川 だからサンタナの方がオスナの前を打ってるんで評価が高いのかなと。

 

岩本 ほぉー。

 

達川 そう見ていたんですけど、昨日今日を見る限りではオスナの方がタイミングを取れてますし、何となくパワーがあるような感じがしますよね。

 

岩本 なるほど。まあチーム状態がいい中で、両外国人選手が調子を上げてくると得点能力が更に良くなりますよね。

 

達川 そうですね。ただ先発陣が少し弱いだけに、やっぱり今から夏場に向けて打撃陣が打っていかないといけませんよね。

 

岩本 はい。

 

 

以上です。

オスナは大丈夫そうですがサンタナは怪しいかも。
おすすめの記事