202079日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦でリードして抑えピッチャーとして登板したものの逆転を喫した中日ドラゴンズの岡田俊哉の状態について元横浜の斎藤明雄、元中日の立浪和義、元横浜の高木豊がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



岡田の背信投球
7/7 1失点で敗戦投手
7/9 4失点で敗戦投手 

 

稲村 中日はヤクルトに痛い逆転負け。2カード連続で負け越しとなりました。

 

高木 明雄さん、守護神の岡田なんですけどイマイチ調子が上がりませんよね。

 

斎藤 見ててボール自体は悪くないと思いますよ。

 

高木 はい。

 

斎藤 ただ勝負所でのボールの高さとコースが甘すぎるのかなと。なんか力でねじ伏せようという意識が強すぎるような感じがします。

 

高木 なるほどね。

 

斎藤 だからもう少しボールにスピンを掛けて、低めへの投球を意識することが大事じゃないかなと思いますね。もともと岡田のスライダーなんかは左バッターがそう簡単に打たれるようなボールじゃないと思うんですよ。

 

高木 はい。

 

斎藤 キレが少しないのかなという感じがしますね。

 

高木 なるほどね。立浪さん、今日は青木・山崎・村上と左バッターにいいように打たれて逆転されたんですよね。

 

立浪 ストライクとボールがハッキリしてますし、それでカウントを悪くしている。そしてストライクに来たボールが全て甘いんで、それは打たれますよね。

 

高木 ちょっと抑えピッチャーとしては考えないといけないですよね。

 

立浪 もしかしたら考えるかもしれないですね。

 

 

以上です。

配置転換しそうですね。
おすすめの記事