2018年4月13日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で不調の西武・中村剛也についてデーブ大久保とヤクルトで監督をしていた真中満、元ロッテの里崎智也が語っています。

 



大久保 中村が不調。これ里崎さん、ロッテでキャッチャーをしている時に中村を打ち取るにはどう対応していましたか?

 

里崎 基本的にはストレートに合っているのか、変化球に合っているのかっていうのを見極めて変化球に合っているようだとストレート押しで、ストレートに合っているようだと変化球押しでした。

 

大久保 はい。

 

里崎 でも、中村はアウトにはなっているけど打撃のフィーリングはそんなに悪くないんじゃないかなと思っているんですよね。ちょっとしたタイミングのズレで打球が上がらなかったり、バットの先っぽに当たるようなアンラッキーが続いているのかな思っているので、1本がポンポンと出ればけっこう簡単に出るんじゃないかと思います。

 

大久保 なるほど。ランナー3塁で犠牲フライで良いケースで中村を迎えて三振を取りにいくのか、内野フライアウトを取りにいくのかは考えました?

 

里崎 基本的には三振狙いにいきますよね。

 

大久保 ですよね。フォークボール。

 

里崎 はい。

 

大久保 僕は中村を長年見ていますけど、中村の場合にやられるときは今言ったように高めの速い球でファールを取って低めのフォークじゃないですか。

 

里崎 はい。

 

大久保 今のケースでも打率が低いというのは今日は2回チャンスがあったんですけど、三振とゲッツー、ランナー3塁で犠牲フライ打とうとして低めの球に手を出す奴はいないじゃないですか。

 

里崎 いないですね。

 

大久保 ベンチにとって中村は犠牲フライで点を取ることが助かることですよね。真中さん。

 

真中 それが1番ありがたいことですね。

 

大久保 ヒットも嬉しいけど確実に点を取ってくれる。このケースでも外野フライを打ちにいっているように見えます?

 

真中 ちょっと内容的には打球が上がったかどうかなんで本人はそんなに難しく考えてないと思いますけどね。

 

大久保 そこを里崎さん、僕は自分を楽にする、打点をあげてチームが必要とする打撃をしたら中村はすぐに上がってくると思うんですけどね。

 

里崎 僕はそこまで深刻だとは思っていませんので。

 

大久保 なるほどね。僕としてはバットが切れ角(キレカク)、切れる角というのが中村は年齢と共にきているから、形としては始動をもうちょっと早くする。それをすれば里崎さんが言うように心配じゃない上にもういると思います。

 

真中 周りが調子いいだけにね。

 

大久保 そうなんです。

 

真中 ちょっと自分だけ悪いみたいなのがあるから、それも力みになっている可能性もありますね。

 

 

以上です。

里崎、真中は心配し過ぎだと言っていますがデーブだけが細かく言っている感じですね。書き起こしていてデーブが何を言っているのか理解しにくいところが多かった。喋っている時はニュアンスで伝わることも色々とあるんですけど文字にすると分かりにくい喋りをしています(愚痴)

おすすめの記事