2018年5月27日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.ロッテ戦で決勝打を含む大活躍のオリックスバファローズの吉田正尚の打撃について元中日の谷沢健一がフリーアナウンサーの節丸裕一と共に解説をしています。

 



【この日の吉田の打撃内容】

1打席目 ライトホームラン(打点2)

2打席目 センターフライ

3打席目 敬遠

4打席目 センター前ヒット(打点1)

 

【吉田のヒーローインタビューの一部】

吉田 1打席目を最近打てていなかったので毎打席集中はしているんですけど、ランナーを置いた場面でしっかり自分のスイングができたかなと思います。(8回の決勝打は)山足が四球で繋いでくれたので、何とか僕も繋げるようにと思って打席に入りました。

 

 

アナ ヒーローインタビューを受けていた吉田正尚ですが、ここのところ吉田に話を聞くとバットを変えたということで。

 

谷沢 はい。

 

アナ そのバットを変えてからの1週間スゴくよく打っているんですよね。

 

最近6試合

打率.400 (20打数8安打) 本塁打2 打点9

 

 

谷沢 そうですね。2017年はバットの先というか、ヘッドの重さがあったんだけども、今年から腰の状態を考えてバットのヘッドの重さの位置を少しバットのグリップ寄りに下げてきているんですよね。

 

アナ はい。

 

谷沢 ということは、詰まらせて引き付けて打とうという、そうすれば腰に負担がかからないという図式でやっていたんですけども。

 

アナ はい。

 

谷沢 それがなかなか合わない。そして、この6試合バットのヘッドに重りがあるのをまた使い出したんですよ。

 

アナ うーん。去年のバットに戻したということなんですね。

 

谷沢 戻したんですよ。それでヘッドが利くように、そしてフォローが大きくなるようになりましたよね。

 

アナ はい。

 

谷沢 何か本人が言うには、バットの軌道を3種類に打ち分けているというね。

 

アナ ほー。

 

谷沢 それを言い出したらあと10分ぐらい解説に時間が掛かるのであれですけど、3種類の軌道を上手く使い分けていると言っていましたよ。

 

アナ 今度、たっぷりと特集でお願いします。

 

谷沢 えぇ(相槌)。

 

 

以上です。

谷沢の打撃解説で腰に負担を掛けないようした新しいバットだったのに調子が上がらないから、再び以前と同じバットを使うようになったと言っていますけど、腰は大丈夫なのでしょうか。無理のないようにやってほしいです。

おすすめの記事