2018年9月27日vs横浜DeNAベイスターズ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

 



【試合展開】

阪神の先発はコンディション不良で抹消後、初の先発のメッセンジャー、DeNAの先発はウィーランドで始まる。序盤のメッセンジャーはピンチを迎えるも何とか抑える。対するウィーランドは立ち上がりから好調で中盤まで0行進。試合が動いたのは3回表、DeNA2番のソトと3番ロペスの連続ソロホームランを打たれて阪神は先制される。一方の阪神の反撃は5回裏2アウトで1塁に糸原を置いて大山がセンター前に際どい打球を打ちセンターの乙坂がダイビングでダイレクトキャッチをしてアウトに見えたがフェアの判定。乙坂自身はダイレクトキャッチと思い込んでいるので倒れたままでいたらバッターランナーの大山がホームまで生還しランニング2ランホームランとなる。ここでラミレス監督がリクエストをするがスローでは落ちているように見えて判定通りにフェアの判定。これで2対2の同点となる。更に6回裏にはヒットで出た糸井を2塁に置いて、今日6番に入った梅野がタイムリーヒットを打ち逆転。7回表から阪神は継投に入り能見を投入するが捕まってしまい同点とされる。8回表には桑原が登板しソトにソロホームランを浴びて再逆転される。試合はこのまま終了し3-4で阪神の負け。GAORAとABCラジオの野球中継のレポート参考にコメントを書いています。

 

【金本監督の試合後のコメント】

―7回能見、8回桑原が打たれた

金本 やっぱり疲れが溜まってきていると思うんだけど、何とか最後までもうひと踏ん張りしてほしい。

 

―久々に得点の打線について

金本 どうかな。大山の打球もちょっと微妙だからな。

 

―大山の2番起用について

金本 以前から考えていたというものではなく、いる選手の兼ね合いです。

 

―3つの盗塁があったことについて

金本 積極的にドンドン盗塁はしてほしい。

 

―先発のメッセンジャーについて

金本 心配していたけど、病み上がりにしてはよく投げてくれた。残りの試合も期待したい。

 

―明日に向けて

金本 また明日、全力で勝ちにいくだけです。

 

 

以上です。

相変わらず打線が弱すぎるという感想です。

おすすめの記事