2018年4月3日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で開幕4連勝で打ちまくる西武打線について元西武巨人のデーブ大久保とフリーアナウンサーの横山和正(以下アナと表記)と共に語っています。最後に少しだけ元横浜の高木豊、元ヤクルトの笘篠賢治が西武の投手陣について語っています。

 



アナ 4回まで東浜に抑えられていましたが5回と6回に見事な攻撃をしました。

 

大久保 しましたね。

 

【ここで西武のスタメンが下記のように映される】

1番センター秋山

2番ショート源田

3番セカンド浅村

4番ファースト山川

5番キャッチャー森

6番サード中邨

7番ライト外崎

8番DHメヒア

9番レフト金子

 

大久保 スタメンを見てもらって僕なら5番から森、中村、メヒアの並びにしたいんですよ。でも、中村とメヒアで並べちゃうと1-2塁で送りバントをしても3塁でアウトになるんじゃないかと。だからこそ、メヒアを8番で納得させて7番に外崎が入ることによってバントもできる。もし、外崎が2塁ランナーになってメヒアの打席の時にランナーになっても9番の金子がバントしても3塁に行けるという。

 

(続けて)

 

大久保 だから、この打線の組み方っていうのは打撃コーチとヘッドコーチが監督に相談して良いオーダー組んだなあと思いますね。

 

アナ 西武の背番号5(外崎)は注目ですね。

 

【ここから西武の投手陣について】

高木 苫篠さん、西武は上手く歯車が噛み合っていますね。

 

苫篠 そうですね。打線も開幕からしっかりと打ってくれましたからピッチャーも思い切ってやれますよね。それと、土肥投手コーチが心臓に毛が生えているぐらいに肝が据わっているんですよ。

 

高木 肝が据わっているんですね。

 

苫篠 そこで送り出されていますからね。

 

高木 山川が3塁打を打ちましたけどデーブはありますか?

 

大久保 バカにしちゃ駄目ですよ。

 

高木 え、あるの?

 

大久保 あるわけないじゃないですか。

 

高木 ないんだ(笑) じゃあ、今日の山川の三塁打は貴重だよね。

 

 

以上です。

西武打線の破壊力が凄まじいです。全部が生え抜きでこれだけ揃えるってヤバいですよね。

おすすめの記事