2018年4月3日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日にエラーを含む2つのミスをしたヤクルトの坂口智隆のファーストコンバートについて元西武巨人のデーブ大久保と元横浜の高木豊、元ヤクルトの笘篠賢治が語っています。

 



高木 苫篠さん、坂口って打線には絶対にいなきゃいけない選手だと思うんですよ。ただ、ポジションの問題がある。

 

苫篠 はい。

 

高木 これが横浜とやった時に満塁から捕り損ねてヒットになり、それで点が入った。今日もミスがありました。この辺は考えようがあるかなと思うんですが。

 

苫篠 そうですね。特にファーストというのは簡単そうに見えて1番ボールと関わらなきゃいけないポジションなのでね。

 

高木 うん。

 

苫篠 非常に細かいプレーというのが多いんですよね。ですから、ファーストで起用するならもっともっと訓練をしながら使わないといけないですよね。

 

高木 うん。

 

苫篠 点を取っても取られては勝ちは増えないですよね。

 

高木 そうですよね。デーブさん、坂口のバッティングに影響しそうなんですよね。

 

大久保 そう。なので、坂口に思ってほしいのは『使った方が悪い』と。

 

高木 もちろん。

 

大久保 そういう気持ちで明日も臨んでほしいですよ。色んなミスをして覚えることを今やんなきゃいけないわけじゃないですか。だから、使った方が悪いんだと考えて。彼の良いところのパリーグでやっていてイケイケでいくっていう。

 

高木 そうですね。

 

大久保 そういうのがなくならないように。

 

高木 やっぱり、打線には必要な選手ですもんね。

 

大久保 そうです。みんなでフォローして坂口がダメにならないようにしてほしいですね。

 

高木 まあ、期待しましょう。

 

 

以上です。

坂口はコンバートで大変ですが打つ方まで悪くなったらコンバートの意味がないです。乗り越えてほしいですね。

おすすめの記事