2019518日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で先発し、ゴロを打たせるピッチングで見事に4勝目をあげた読売ジャイアンツのメルセデスについて、1軍復帰後初のホームランを打ったゲレーロについて元横浜の平松政次と元巨人の松本匡司がフジテレビアナウンサーの大村晟と共に語っています。

 



この日のメルセデスの投球内容

7112球被安打5 奪三振2 四球1 失点0

今季42敗 防御率2.44(5/18の試合終了時点)

全21アウト中15アウトがゴロアウト

 

 

メルセデスのヒーローインタビューの一部

メルセデス いい守備で助けてくれたので、自分のピッチングに対して自信を持って投げることができました。テンポ良く投げることがチームを助けることになると思いますし、序盤から打線も打ってくれて良かったと思います。

 

 

メルセデスについて

アナ 終始エンジン全開のメルセデス投手が中日に勝利し、今シーズン4勝目。試合後に原監督も「いいリズムで投げていた」とコメントを残しています。平松さん、原監督もそうおっしゃっていますし、メルセデス投手もいいテンポで投げられていましたね。

 

平松 うん。「いい守備に助けられた」とヒーローインタビューで言ってましたけど、テンポがいいから守備も良くなるんですよね。

 

アナ あっ、繋がっていると?

 

平松 もちろんそうです。とにかくテンポがいいと守りも良くなってきますし、それプラス攻撃にも力が入るからね。

 

アナ ほぉー。

 

平松 テンポがいいと相手バッターにも考えさせる時間を与えずにどんどん投げることにもなりますからね。そういう良さがありますね。

 

アナ はい。

 

平松 勝つ人はテンポのいいピッチャー。テンポが悪いのに勝てるピッチャーはいませんから。

 

アナ それほどテンポは大事なんですね。

 

平松 本当に大事。

 

アナ なるほど。

 

 

ゲレーロについて

この日のゲレーロの打席内容
1打席目 レフトホームラン(打点2)
2打席目 フォアボール
3打席目 サードゴロ
4打席目 ショートゴロ
今季打率.222 本5 点15(5/18時点)

 

アナ そして打線も非常に良かった巨人なんですけど、ゲレーロ選手にようやく一発が出ました。松本さん、不振で2軍に落ちたゲレーロ選手なんですが、久々のホームランになりました。

 

松本 そうですね。これがキッカケになって今後も打ってくれればいいんですけど、やっぱりホームランにしたような甘い球ばっかりじゃないと思うんですけど。

 

アナ はい。

 

松本 やっぱり粘りも大切なので、そういうのも出てくればいいかなと思いますね。

 

アナ なるほど。最強の巨人打線の中でゲレーロ選手が入ってくるとまた厚みが増しますね。

 

松本 長打を打てるバッターがやっぱり欲しいですからね。そういう中でホームランを打ってくれると大きいですね。

 

アナ はい。首位固めにゲレーロ選手が復活です。

 

 

以上です。

メルセデスの安定感はすごいです。
おすすめの記事