2018年11月26日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で東京ヤクルトスワローズの宮本慎也ヘッドコーチと石井琢朗打撃コーチが出演し、2019年シーズンへの意気込みを元横浜の高木豊、中日で監督をしていた谷繁元信と共に語っています。

 



高木 来シーズンのヘッドコーチとしての目標は何ですか?

 

宮本 もちろん優勝を目指します。

 

高木 そうですね。

 

宮本 もっともっと野球に対して意識が高くなる集団であってほしいので、本当にずっと野球のことを考えて、今はオフですけどそれに向けてもう始まってます。

 

高木 うん。

 

宮本 もう常に野球のことを考えて、野球のことを極めてやるっていう集団になったときに優勝が見えてくるんで。

 

高木 まあ、考えていることが自分を作っていくからね。

 

宮本 はい。

 

高木 石井コーチは?800得点いく?(※石井琢朗は今季の目標について過去にこの番組で800得点と語っていました)

 

石井 本当にそれぐらい取りたいんですけど。もちろんヘッドが言いましたようにチームとしての目標は優勝が当然なんですけど、若い選手からレギュラー陣を脅かすのが1人でも2人でも出てきて、活躍してくれればいいなと思いますね。

 

高木 うん。

 

石井 レギュラー陣はどうしてもヤクルトの場合は高齢化が進んでいるんで。そういう意味でも若い力というのが、その中でいかに800得点取るか(笑)

 

高木 800点取るにはどうしたらいい?

 

石井 ホームランでしょ。

 

高木 やっぱホームラン。やっぱりそうだよね。

 

石井 まあ、ホームランというよりも長打ですね。

 

高木 長打ね。

 

石井 どうしてもやっぱり足を使える選手というのが、今のヤクルトには足りないんで。高齢化と言いましたけど、それが足りない部分なので、そこを補うにはもちろん足を使う選手が出てくるのが一番なんですけど、やっぱり外野の間を抜く長打がある程度増えてくれば得点力は上がってくるのかなと思いますけどね。

 

高木 なるほど。谷繁さん、来季のヤクルトに期待することは?

 

谷繁 まあ、今年のような我々解説陣を困らせるような結果を。

 

高木 もうけっこう困らせないかもしんないよね。

 

谷繁 今年は2位ですからね。まあ、ほぼみんな順位予想で上位にするんじゃないですか。

 

高木 うん。

 

谷繁 ちょっと目立ちたい解説者が下位にするというね。

 

一同 ハハハ(笑)

 

高木 確かにね(笑) ピッチャーについてなんですけど、今季はピッチャーがスゴく頑張ってたよね。

 

宮本 スゴく頑張ってくれました。特に近藤と石山ですよね。

 

高木 ねぇ。

 

宮本 本当に彼らが勝ちパターンを作ってくれたんで、野手陣にも当然いい影響があったんで。

 

高木 そうだね。

 

宮本 なので来年は先発陣の奮起ですね。

 

高木 うん。先発陣で若手で食い込んできそうなのは誰?期待の投手を教えて。

 

宮本 原樹里が6勝とか7勝とかじゃなくて、やっぱり15ぐらい勝つぐらいの気持ちで。

 

高木 うん。

 

宮本 あとは星も期待したいですし。まあ、名前は挙がるんでね。

 

高木 順調に成長はしてるんじゃないの?今年自信をつけた選手がね。

 

谷繁 いると思います。

 

高木 いるよね。だから原樹里にしたってそうだし。

 

谷繁 来年不安なのは後ろの方ですね。石山近藤の方が不安だと思うんですね。

 

宮本 そうそう。その二人。そこで寺原補強しましたから。

 

 

以上です。

ファンは来季に向けてワクワクでしょう。

おすすめの記事