2018年12月10日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎の1年目の成績について元中日の谷沢健一、元横浜の斎藤明雄、元ヤクルト広島の笘篠賢治がフジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈と共に振り返っています。

 



清宮の1年目の成績

53試合 打率.200 本塁打7 打点18

 

 

苫篠 谷沢さん、清宮の1年目を改めてどう見ましたか?

 

谷沢 うん。遠くに飛ばすホームラン打者としての素質は十分に備えてますよね。

 

苫篠 はい。

 

谷沢 豪快なホームランを7本打ちましたよね。ただ、清宮もやはりインサイドの速いボールに弱いというかね。

 

苫篠 まあ、高校からのバッティングをご覧になっていた谷沢さんが1年目で清宮はどうでしたか?

 

谷沢 うーん。これぐらいの数字じゃないかな。

 

苫篠 はい。

 

谷沢 それでね、私はバッティングの時に私がスゴく気になったことがある。打席に入って構えたときにグリップを握り直すんですよ。

 

苫篠 はい。やってますね。

 

谷沢 パッと握りが締まったときにボールが来ればいいんだけど、握り直す時間がスゴく長いの。

 

苫篠 なるほど。

 

谷沢 だから、タイミングの取り方が遅いよね。いつも詰まったような形で捉えてるよね。

 

斎藤 僕らからすると、握り直しの動きをしてるときにパッと握りが固まる前にボールをピュッと投げますよ。

 

アナ そういのを見て投げるんですか?

 

斎藤 はい。そういうのを観察してタイミングをズラすピッチャーはいますからね。

 

アナ なるほど。

 

斎藤 オープン戦と比べるとタイミングの取り方は上手くなっていて、ボールを呼び込めているように見えますけどね。

 

苫篠 これからそういうところを注目して見ていきたいですね。

 

アナ そうですね。握り直してるかどうかを見ながらですね。

 

 

以上です。

気になる癖です

おすすめの記事