2021年6月8日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦でチームは負けたものの今季7度目の猛打賞をマークしし球団新人記録に並んだ横浜DeNAベイスターズの牧秀吾について元ヤクルト広島の笘篠賢治、ヤクルトで監督をしていた真中満、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



この日の牧秀吾の打撃内容
1打席目 センター前ヒット
2打席目 センター2塁打
3打席目 ライト前ヒット
4打席目 センターフライ
5打席目 空振り三振
今季.294 本10 点32(6/8の試合終了時点)
1959年 桑田武さんの球団新人記録に並ぶ!

 

アナ 敗れたDeNAですが、牧選手が球団新人記録に並ぶ7度目の猛打賞でした。

 

大久保 これは名門中央大学の先輩の笘篠さんに牧選手の魅力をお聞きしましょう。

 

笘篠 はい。まず牧くんは中央大学のキャプテンも務めてましたね。

 

大久保 はい。

 

笘篠 今年のDeNAは外国人選手の来日が遅れたりで最初からチャンスを貰えたというのがあったと思うんですけどね。

 

大久保 うんうん。

 

笘篠 彼のバッティングを見ていると、今はジャイアンツでコーチをしている村田修一さんに少し似てるところがりますよね。

 

大久保 ほー。

 

笘篠 静かなタイミングの取り方で、広角に打ち分ける事ができて、インサイドの球も肘を抜きながら打つ技術も持ってますしね。もう7度目の猛打賞ですか。

 

アナ 7度目です。

 

笘篠 もう球団新人記録は間違いなく抜きますよね。

 

大久保 はい。さすが名門中央大学。今日も気持ち良く打ってましたね。

 

笘篠 そうですね。DeNAがまだまだ後半に巻き返すには彼の力が必要なんで、爆発してもらいたいと思います。

 

大久保 笘篠さんと中央大学のためにあったような解説コーナーでした。

 

笘篠 ありがとうございます(笑)

 

 

以上です。

開幕2ヵ月で球団新人記録タイ。
おすすめの記事