2018年11月26日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で東京ヤクルトスワローズの石井琢朗打撃コーチが2018年シーズンのベストゲームを語っています。一緒に出演した宮本慎也コーチと元横浜の高木豊、中日で監督をしていた谷繁元信と共に語っています。

 



高木 石井さん、今年のヤクルトのベストゲームは?

 

石井 まあ、ベストじゃないんですけど、やっぱり今年最後のCSの試合ですね。

 

高木 まさかのノーヒットノーランの試合?

 

石井 まあ、ここでノーヒットノーランを食らうとは思っていなかったんで。

 

高木 あー。

 

石井 もう打撃コーチからしてこんな屈辱的な試合はないんですよ。

 

高木 うん。

 

石井 現役を含めて3回ノーヒットノーランをやられてるんですけど、今年数々の逆転勝ちをして、それこそ打撃コーチ冥利に尽きる試合が多かったんですよね。

 

高木 うん。

 

石井 よくやったレギュラーシーズンだったなと思っているところで、全部覆された試合っていうか。

 

高木 頭を金槌でぶん殴られたような。

 

石井 もうぶん殴られて「お前、調子に乗るなよ」って野球の神様に言われたような試合で僕はこれをプラスに考えて、来シーズンの僕にとってもチームにとっても原動力となるだろうというところで、ゲーム自体はワーストだったかもしれないですけど、僕の中ではベストゲームに挙げたいなと。

 

高木 なるほど。納得です。宮本ヘッドはこれを聞いてどうですか?

 

宮本 本当にあの試合を終わった後に、2017年に96敗でここまで頑張れたと。それでお前らに試練というか、ノーヒットノーランはすごく恥ずかしいことだと。

 

高木 うん。

 

宮本 だから、来年やり返そうという話はしましたけど。

 

石井 もう本当に僕は言葉が出なかったんです。終わった後に選手に言葉をかけようかなと思っていたんですけど、悔しいであろう宮本ヘッドが悔しいなかでも言葉もないだろうっていうところから選手にそれを言ってたんで、ありがたいなと。

 

高木 うん。

 

石井 これ試合の途中からは、やられるぞってなってたし(笑)

 

高木 まあ、途中から分かるよね(苦笑)

 

宮本 5回が終わってからヤバいと思ってました。

 

高木 俺はDeNAでヘッドコーチやっている時にマエケンにノーヒットノーランやられたんだけど、3回からこれはダメだと思ったよ。

 

一同 ハハ(笑)

 

高木 谷繁さんはどう?

 

谷繁 ちょうどこの試合見てたんですけど、確かに菅野の状態が良すぎんですよ。

 

高木 うん。

 

谷繁 今年一番ぐらいの。それでおまけにスライダーにみんなが合ってなかったんですよね。

 

石井 うんうん。

 

谷繁 いつもと違うスライダーじゃねえかっていうようなね。それぐらい菅野が良かったんですよ。

 

石井 それは選手がベンチで言ってましたね。

 

高木 でもそれを原動力にするっていうところがね。

 

谷繁 またこれで来シーズンに厳しくする理由ができたね(笑)

 

宮本 そうです。

 

 

以上です。

来年もしごかれる理由ができました。

おすすめの記事