202096日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で2勝目を飾った埼玉西武ライオンズの松本航のピッチングについて元横浜の斎藤明雄、元中日巨人の井端弘和、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



松本のヒーローインタビューの一部

松本 ストレートが走っていたので、ドンドンいいボールを投げていこうと思って投げていました。もっと長いイニングを投げれるようにやっていきたいんですけど、まずはアウトを11つ、バッター11人としっかりと対戦していって、これから勝てるように頑張っていきたいと思います。

 

 

松本を語る

この日の松本の投球内容内容
6回104球 被安打5 奪三振3 四球5 失点2
今季2勝4敗 防御率4.27(9/6の試合終了時点)
安定のピッチング!

 

アナ 西武が日本ハムに逆転勝利で3カード連続の勝ち越しです。

 

岩本 明雄さん、ライオンズ先発の松本が、途中ちょっとフラっとするところがあったんですけど、6試合ぶりに勝利という結果がついてきました。

 

斎藤 そうですね。ようやく勝ったという事でこれからノッていけるんじゃないかなという感じがしますよね。今日見ていると投げっぷりがちょっと良くなってるかなという感じがしますね。

 

岩本 はい。

 

斎藤 その分、ボールが生きてたのかなと思いますね。

 

岩本 なるほど。井端さん、いい意味での開き直り。ピッチャーにとってマウンド上で必要な要素なんですけど、そういうのってガラっと変わったというのはバッターボックスで分かるもんですか?

 

井端 分かりますね。

 

岩本 ほぉ。

 

井端 今日だと1アウト満塁とか、ピンチの場面になった瞬間にボールの勢いが出てるなと感じますし、やっぱり目付きが変わった瞬間はバッターボックスで分かりますので、何となく威圧感も出てきますので、やっぱりバッターも怯みがちになると思いますね。

 

岩本 マウンド上でそういうセルフコントロールができるようになると常勝のピッチャーになりますかね?

 

井端 そうですね。特にピンチになった時にガラッと変われるようになれば、もっともっと勝てるピッチャーになれるんじゃないかなと思いますけどね。

 

岩本 なるほど。

 

 

以上です。

ようやくローテを支える安定感のある若手ピッチャが出てきました。
おすすめの記事