2018年5月15日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs日ハム戦の最近ほとんど打てていない埼玉西武ライオンズの山川穂高について元横浜の高木豊、元横浜の斉藤明雄、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【ここ6試合の山川の成績】

打率.150(20-3)  本塁打0、打点1、三振6

 

 

アナ 西武はいまひとつリズムに乗れないですね。

 

高木 はい。まあ、その中で主砲ですよね。打てていない。

 

アナ はい。

 

高木 デーブさん、今日でも山川に1本が出ていれば勝っていたかもしれませんけど、やっぱりスランプですか?(※この日、山川には3回表、5回表、7回表にランナーを置いた場面で打席がまわってきた)

 

大久保 僕が2軍監督の時に散々打っておかわりよりも天才のバッターなんです。

 

高木 うん。

 

大久保 それで、山川がダメな時は何かというと、打ちたい気持ちが強すぎて動きがバタバタバタバタして早い。

 

高木 なるほど。

 

大久保 間がない。間ってエネルギーじゃないですか。

 

高木 うん。

 

大久保 エネルギーを溜めずに打てばあの100キロの体重も生きてこないですよね。

 

高木 なるほどね。明雄さん、やっぱり投げていて4番が調子が悪いと楽ですよね。

 

斎藤 もう全然楽ですよ。ランナーをためてもこのバッターで抑えられるという気持ちにもなるしね。

 

高木 ですよね。

 

斎藤 今の山川の顔を見ていると打っていた頃の顔と比べると疲れもあると思うけど、ちょっと目がイキイキしていないなという表情に見えますよね。

 

高木 そうですよね。その山川の不調が浅村の力みに繋がったりとか。

 

アナ あー。

 

高木 まあ、打線ですからそういったことも考えられますね。早くスランプを脱してほしいですね。

 

 

以上です。

やはり4番の山川が打たないと破壊力も落ちますね。最近西武打線に元気がないのも山川と連動しているような気がします。

おすすめの記事