2019109日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でクライマックスシリーズファイナルステージのvs.阪神タイガースとの第1戦の巨人の勝利について元中日の谷沢健一、元近鉄西武の金村義明、ヤクルトで監督をしていた真中満がタレントの衛藤美彩と共に語っています。

 



衛藤 初戦は巨人が勝利しアドバンテージと合わせて2勝となりました。

 

真中 はい。今日は初回に坂本のダブルプレーのあとに丸の一発。そして岡本も連続でホームランとこの二発が大きかったですよね。

 

金村 大きかったですねぇ。特にダブルプレーのあとでしょ。そして実戦から遠ざかっている中での丸の一発はベンチに勇気と元気を与えましたよね。

 

真中 そうですね。流れを引き寄せましたね。

 

金村 さすがは丸だなという働きですよね。

 

真中 谷沢さん、貴重な丸の一発でした。

 

谷沢 シーズン終盤は調子が戻らなかったんですよね。そしてツイスト打法とかをやってホームランを打ったりしましたけど、基本的には調子が今ひとつという内容でしたよね。

 

真中 はい。

 

谷沢 岡本は体が引き締まっていましたし走り込んだのかどうか。

 

金村 いや、明らかに走り込んでますね()

 

真中 そうですか()

 

金村 真中さん分かるでしょ。こういう短期決戦前の練習ではポール走をやらされるでしょ。

 

真中 そうですよね() そして今日の先発の山口ですよね。これもいいピッチングでしたね。8回途中1失点でナイスピッチングでした。

 

この日の山口の投球内容
7回1/3 126球 被安打4 奪三振7 四球3 失点1

 

金村 シーズンと同様に序盤が完璧でしたね。

 

真中 そうでしたね。冷静でした。

 

谷沢 やはり打者目線から見るとね、同じようなフォームで力を抜いてストレートと変化球を投げ分けるという投球でね。これはなかなか狙い球を絞れないですね。

 

真中 本人はもう少し投げたそうな表情もしていましたけどね。

 

谷沢 まあこの辺で十分な仕事をしたんじゃないですかね。

 

 

以上です。

丸のホームランで巨人ベンチは落ち着いたでしょうね。
おすすめの記事