2018年6月9日にMBSラジオで放送された阪神vs.ロッテ戦の5回裏で起こったセーフティスクイズ失敗について元阪神の藪恵壱がMBSアナウンサーの金山泉と共に語っています。

 



カウント2ボール1ストライクの4球目に梅野がセーフティスクイズを敢行しようとしましたがギリギリでバットを引いたので3塁ランナーの鳥谷が判断に迷って飛び出してしまい3塁タッチアウトになりセーフティスクイズが失敗。その場面を見て藪が色々と語っています。

 

 

アナ タイガースにとっては大きなアウトとなります。

 

藪 ノーアウト1-3塁でのセーフティスクイズ。これはもう梅野=セーフティスクイズというのは定着していますから、このイメージが薄くなった時にやってほしいんですよ。

 

アナ うーん。

 

藪 向こうも守備側が待ってましたというところで、それをわざわざやる必要は私はないと思いますけどねぇ。

 

アナ まあ、イメージが無くなるまでちょっと待ってもいいんじゃないかという。

 

藪 そうですよね。もうここはセーフティスクイズじゃないというところで一発で決めるとか逆の事をやっていかないと。

 

アナ やっぱりイメージが付いてしまって相手も警戒してくる。その中で決めていくというのは難しくなっていきますよね。

 

藪 いや、そらそうですよ。セーフティスクイズをやる方もプレッシャーが掛かりますしね。

 

アナ そもそもセーフティスクイズじゃなくて(普通の)スクイズじゃダメなんですか?

 

藪 まあ、1ボール1ストライクからの3球目の場面で?(※セーフティスクイズ失敗した場面のその前の1球)

 

アナ はい。

 

藪 そこではウエストもされていますのでサインを出して『ディスボールでスクイズだ』という時はベンチがもう責任を持たないといけないですよね。

 

アナ けっこうセーフティスクイズというのは選手任せの作戦と聞いた事があるんですが。

 

藪 はい。そうですね。

 

アナ ベンチとしてはスクイズのサインは出しにくい。セーフティスクイズなら出せるけれども。

 

藪 うーん。いや、スクイズというのも出せますよ。

 

アナ はい。まあ、それぐらいベンチが覚悟を持てるかどうかも一つあるんでしょうか。

 

藪 そうですね。だから、1ボール1ストライクになったからバッテリーはウエストをしましたし。

 

アナ はい。

 

藪 初球からくると察知したらゼロぜロカウントでも外してきますよね。

 

 

他の解説者もこの場面について見解を語っています

 

 

以上です。

藪は明らかにイラついてる感じがしますね。まあ、阪神目線で見ていたらこれだけ確率の悪い作戦を見せ続けられたらイライラします。点が取れなさ過ぎて金本監督の思考がおかしくなっているんでしょうけど、極端におかしくなっています。

おすすめの記事