2018年4月15日にテレビ朝日で放送された「サンデーLIVE!!」という番組で4月9日の登板で7回途中まで完全試合をして素晴らしいピッチングをしたエンゼルス大谷翔平についてヤクルトで監督をしていた古田敦也が分析をしています。番組MCでタレントの東山紀之とABCアナウンサーのヒロド歩美と共に語っています。

 



【投手大谷のすごいところ】

古田 何といってもスプリットというボールなんですよね。もともと日本でもストレートとスライダーとスプリット、日本で言うフォークボールなんですけど、それを投げていて良かったです。そこでNPBとMLBのボールの違いを比較したいと思います。よく違うと言われるじゃないですか。

 

ヒロド よく聞くけど分かんない。

 

【NPB球とMLB球が並んだ比較画像がモニターに映される】

古田 MLB球はよく滑る。滑るからコントロールできないと思いますけど、見た目でちょっと分かりますかね。1番大きな違いは滑ることと、縫い目がちょっと大きいんです。

 

一同 確かに大きい。

 

古田 今、手元にボールがあるんで分かりますかね。

 

【古田が東山にNPB球とMLB球を渡し東山がボールの滑りを確かめる】

東山 もう肌感というのが全然違いますね。

 

古田 質感が全然違いますよね。

 

東山 確かにメジャー球はツルツルしていて滑る。

 

古田 ツルツルしていて、あとは縫い目が大きいんですよね。縫い目の山が。

 

一同 うんうん。

 

古田 縫い目が大きいと何が起きるかと言うと、実は空気抵抗が大きくなるんです。だから、スプリットが日本時代よりも落ちるんです。

 

一同 へぇ~。

 

古田 日本でも凄かった大谷のスプリットがもっと凄くなっているんです。この点に関しては大谷が非常に得している部分です。140キロ台でこんなフォークを投げる選手が過去にもメジャーにはいませんからね。ただ、ちょっと滑るんでストレートが、例えばオープン戦の時のようにすっぽ抜けたりだとか、どちらかと言うとバッターの上の方に抜け出すとまた調子が悪くなったりもするんですが、そこがバロメーターかと思います。

 

 

以上です。

投手大谷の武器としてはスプリットが相当効いています。かなり落ちていますのでバッターも難しいでしょうね。あとは常に100マイルのストレートがあるのもかなり厄介だと私は思いますね。投手大谷でもこれからもっと我々を驚かせてくれるんでしょうね。

おすすめの記事