2018年4月15日にテレビ東京で放送された「SPORTSウォッチャー」という番組で8連勝と絶好調の横浜DeNAベイスターズを横浜で監督をしていた中畑清が分析しています。

 



大木 キヨシさん、今日(4/15)の絶好調男は誰でしょうか?

 

中畑 絶好調男は私でしょう。

 

大木 いや、そうなんですけど、かつては。

 

中畑 あ、すいません(笑)

 

大木 今日ので。

 

中畑 今日はベイスターズの19歳、もう若きエースですよ、京山!

 

大木 京山将弥投手。

 

中畑 今の横浜はローテーション投手が3人いないんですよ。(今永、ウィーランド、濱口が離脱中)

 

大木 はい。

 

中畑 そこで救世主。開幕から3試合投げて3連勝しているピッチャーなんです。今日の落ち着き払ったマウンド捌き。

 

大木 はい。

 

中畑 もう投げっぷりがいい。ピンチを迎えても堂々とした表情を変えないポーカーフェイス。カッコいいのよ。それで勝ち試合をしっかり作れている。でも、それでけじゃないね。

 

大木 それでけじゃない。

 

中畑 そう。ベイスターズが変わってきた。点の取り方、パターンが変わっているね。とにかく、機動力を生かしている。

 

大木 うん。機動力!

 

【モニターに各球団の盗塁数と横浜の個人の盗塁数が表示される】

2017年チーム盗塁数

広島112、中日77、阪神70、巨人56、ヤクルト60、DeNA39

 

今季チーム盗塁数(2018/4/15までの試合終了時点の記録)

DeNA16、中日11、ヤクルト10、広島8、巨人7、阪神1

 

今季のDeNA盗塁数内訳

神里7、桑原3、大和2、楠本2宮本1、倉本1(赤字はルーキー)

 

 

中畑 2017年のDeNAのチーム盗塁数は最下位ですよ。

 

大木 2017年のDeNAのチーム盗塁数は39。

 

中畑 今季はもう16で1位。走れる選手が揃ってきた。それで、相手が嫌がる広島の野球、機動力を生かした野球、これを目指すのよ。これをやりたいのがラミレス監督なのよ。

 

大木 ほー!

 

中畑 そうしたら、その通りに選手をフロントが獲ってくれたの!

 

大木 そしたら、やっぱり今シーズンすでにルーキー(神里7、楠本2、宮本1)が走っていますね!

 

中畑 そうそうそう!フロントと現場との意見交換、コミュニケーションがしっかりとね。「こういう選手が欲しいんです 何年か先にこういう野球がやりたいんです」って。それで、今年の開幕前に「機動力を生かしたスモールベースボールをやるんだ」って宣言したのよ。

 

大木 ほー!

 

中畑 それを実践しているんですよ。それで相手が嫌がる野球ができているんだよ。今年のベイスターズはカッコいいな。そして、この現場を任されている高田GM。そして、編成部長の吉田さんは家が近くて仲がいいんです(笑)

 

大木 大変良い情報ありがとうございます(笑)

 

 

以上です。

横浜は機動力が上手くハマっていますね。勢いがあるときは機動力も機能しますね。

おすすめの記事