2018年4月4日に毎日放送で放送された「戦え!スポーツ内閣」という番組で「2018年の巨人・上原浩治は本当に大丈夫なのか」をテーマに元巨人の元木大介、元日ハムの建山義紀、元阪神の狩野恵輔がタレントの武井壮とお笑い芸人のブラマヨ小杉と共に語っています。ちなみにこの放送当時は上原はまだ打たれていません。ずっと抑えていました。

 



【大丈夫か心配かを問われて狩野と元木は大丈夫、建山が心配という札を上げる】

小杉 なるほど。元木さん、元チームメイトとして大丈夫ですか。

 

元木 技術はやっぱり凄い。ストレートの速度は落ちているんですけど、やっぱりバッターに対する技術、マウンドさばきっていうのは素晴らしいものがあります。その点について後輩には見習ってほしんですけど、心配は日本に帰って来たら日本の野球で、メジャーはメジャーの野球。ちょっと小耳にはさんだんですけど「日本ってこんな練習してたっけ」って言っていたみたんなんですよ。

 

一同 あー。

 

元木 メジャーってほとんど練習しないじゃないですか。ね?(横にいる建山に問いかける)

 

建山 はい。キャンプではね。

 

元木 そういうのを若い選手に教えんといてほしいなって。

 

小杉 なるほど。「俺はメジャー方式でやる」って言いだしたら困るからね。

 

元木 やっぱり体とかが違うんで日本に来たら日本の野球を教えてほしいなっていう。実績はみんな知っているんで。

 

小杉 なるほど。狩野さんは大丈夫の札を上げましたけど。

 

狩野 大丈夫です。僕も元木さんと一緒ですけど、あと僕からしたら(球界の)先輩なんで・・・凄い人に対して心配の札なんて出せないです(苦笑)

 

一同 (笑)

 

小杉 そのへんは腹くくってやってくださいよ(笑)

 

狩野 でも、大丈夫です(笑)

 

武井 気になるのは心配の札を上げている建山さん。

 

小杉 友達やのに心配って。

 

武井 そうそう。

 

建山 まあ、本当に元木さんが仰ったように技術、マウンドさばき、けん制球から何から何まで天下一品であれは真似できないと思いますよ。だけど、巨人に復帰して意気込みがあると思うんですよ。怪我が多い選手なんでそこが非常に心配ですね。

 

武井 そうですね。肉離れとか多いですもんねぇ。ちょっとケアしてほしいですよね。

 

建山 はい。

小杉 同級生やのに上原「さん」って。(ここまで建山は上原をさん付けで呼んでいないんですけど建山も否定せずにそのまま話が転がっていきます)

 

建山 いや(苦笑) 尊敬していますから。

 

小杉 あ、そんな関係。同級生やのにですか? 「おい、浩治!」って呼ばないんですか?

 

建山 いや、まあ会ったら言います(笑)

 

小杉 ハハハ(笑)

 

武井 でも、意外とメジャー流の象徴はハードワークよりもリカバーとかであり、ちょっと時間も多いから、もしかしたら上原投手に向いているんじゃないかと思っていたりするんですけどね。

 

建山 なるほど。日本は試合数も少ないですからね。僕はどちらかと言うとジャイアンツにとっては上原を開幕からシーズン通してやってもらうのは危険かなと思っていたんですよ。

 

武井 ほー。

 

建山 今年のセリーグは実力が拮抗していますから勝負の9月になんとか活躍すべく序盤は抑え気味にいってほしかったんですけどバリバリいきそうな感じですよね。

 

小杉 高校の同級生ですけど戻って来る時に連絡とかはなかったんですか?

 

建山 実は2月に入って3日に1回ぐらいのペースで電話していたんですよ。

 

小杉 え!?

 

建山 メジャーのFA市場の動向が遅れていてメジャー契約がなさそうな雰囲気があったんですよ。

 

武井 うん。

 

建山 僕はファイターズで長く野球をやっていたので「ファイターズに来ないか」っていう誘いの電話をしていたんです。

 

武井 どういう返事をもらっていたんですか?

 

建山 「エヘヘ」って言っていました(笑)

 

 

以上です。

元木は日本流でやれよと釘を刺していますね。建山は体の心配をしているのが印象に残りました。

おすすめの記事