2020723日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で見事なホームランをかっ飛ばして勝利に貢献した埼玉西武ライオンズの川越誠司のバッティングについて元日ハム阪神の片岡篤史、元中日の谷沢健一、元横浜の高木豊がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



川越のヒーローインタビューの一部

―ホームランの打席について

川越 最近なかなか打てなかったんで、割り切ってフルスイングでいきました。

 

―野手転向2年目どういう選手になりたいか

川越 スーパーになりたいです。フルパワーで全力でいきます。

 

 

川越の打撃を語る

この日の川越の打撃内容
1打席目 ライトホームラン(打点2)
2打席目 空振り三振
3打席目 ショートフライ
打率.120 本塁打1 打点2(7/23の試合終了時点)
この後、谷沢が絶賛!

 

稲村 西武が1点差を守りロッテに勝利。谷沢さん、この試合の熱視線は?

 

谷沢 川越ですねぇ。

 

稲村 はい。

 

谷沢 しかし、5年目で野手に転向して2年目なんだけど、これ最初から野手の選手だよね。

 

高木 迫力がありますよね~。

 

谷沢 迫力がある。これだけ右の壁(左打者のピッチャー側の肩の壁)を作りながら、これだけのスイングで振り抜けないですよ。

 

高木 うんうん。

 

谷沢 だから西武も野手として獲ったんじゃないかなという気がするよね。

 

高木 いや、そんなことない()

 

谷沢 ないか()

 

高木 最初はやっぱりピッチャーですよ()

 

谷沢 うん() だけど、この選手はいいバッターになりますよ。

 

稲村 これからスーパーになってほしいですよね。

 

高木 片岡さん、この川越のバッティングを見て、どう感じますか?

 

片岡 谷沢さんが言われたように壁を意識してますよね。

 

高木 はい。

 

片岡 メジャーに行った大谷選手のような、とにかく右サイドの壁を開かないというバッティングで、非常にパワフルなバッティングをすると感じますね。

 

高木 うん。本当にパワフルですよね。それでインパクトの瞬間に右脇がしっかりと締まってる。

 

稲村 スローで見ると本当にそうなっていますね。

 

高木 だから素晴らしいホームランでしたね。

 

 

以上です。

西武からまた凄いのが出てきたかもしれない。
おすすめの記事