2018年5月19日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs巨人戦で1番に抜擢され4安打という結果を出してチームの勝利に貢献した横浜DeNAベイスターズの梶谷隆幸について元横浜の高木豊と同じく元横浜の斉藤明雄がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



【この日の梶谷の打撃内容】

1打席目 ファーストゴロ

2打席目 ライト前ヒット

3打席目 センター2塁打

4打席目 ライト2塁打

5打席目 ライト前ヒット

シーズン打率.326

 

アナ 今日のDeNAは14本のヒットを放ちましたが実はこの中で1番から5番までが放ったヒットは12本。豊さん、DeNAのトップバッターは誰なんだ。『桑原か神里か、いや梶谷だ』。これですね。

 

高木 はい。梶谷が今は素晴らしくいいですね。なぜいいかと言うと腰が据わるんですよ。

 

アナ はいはい。

 

高木 腰が伸びるようになったら打率も落ちるし、打球も鋭くないんですけど、今は腰が据わって野球をやっていますね。腰を据えてね。

 

アナ この梶谷のコメントを聞いてくださいよ。「2日連続で打たなければ出られないかもしれない 結果を求めてやるしかない」。

 

高木 そうですよ。

 

アナ 断崖絶壁に立った精神力。

 

高木 まあ、背水の陣ですよね。

 

アナ ねぇ。

 

高木 これ梶谷はなかなか続かないんです。今年は続けないといけない。

 

アナ そうですよね。明雄さん、そういうことですよね。

 

斉藤 そうですね。良い時と悪い時はあると思うんですけど、1番に抜擢されるんだったら、その中でも四球を選んだり選球眼が必要になってきますからね。

 

アナ うーん。

 

斉藤 梶谷は本当にアッサリと三振するバッターなので、その辺をなくせば1番として足もありますから、十分いけると思いますね。

 

アナ そうですね。ベーシックにチーム内での切磋琢磨ということが実行されているDeNAという試合でした。

 

 

以上です。

梶谷の潜在能力の高さは誰もが分かっているんですけど、高木豊が言うように続かないんですよね。そして、駄目な時のアッサリと三振をする姿は誰もが見たことある姿ですよね。今季はそういうことがなく継続できるのかが注目です。

おすすめの記事