2018年4月1日にTBSで放送された「S-1」という番組でMLBアナハイムエンジェルスの打者・大谷翔平についてヤクルトやメジャーで活躍した岩村明憲がTBSアナウンサーの上村彩子(以下アナと表記)語っております。

 



これは初ホームラン前に放送されたもので、岩村が今後の大谷はどうなるか予想をしております。

 

 

アナ 開幕戦では初打席で初ヒットを見せてくれましたね。

 

岩村 そうですね。当たりは決して良くないと思いますけど本人が1番ホッとした一打だったと思いますね。

 

アナ そうですね。さあ、その大谷選手ですがメジャーデビューに合わせて打撃フォームを改造してきました。

 

【改造前と改造後の比較画像が映される】

アナ どんなところが変わりましたか?

 

岩村 大きく足を上げる打法からほぼノーステップ打法に変えましたよね。これを開幕の三日前に変えたので本人も不安だったと思うんですけど改造したことによってそれがヒットに繋がった。

 

アナ ここで改造前の映像を見てみましょう。オープン戦の最初の頃は右足を上げていると。

 

【足を上げる打法で凡打の映像が流される】

岩村 そうですね。この打ち取られ方というのは足を上げすぎてタイミングが遅れているのかなというのを本人は感じたと思います。だからこそ改造したと思います。

 

アナ そして、改造した理由について球速の違いというのも。

 

岩村 そうですね。真っ直ぐの平均球速というのがちょっと違うんですよね。日本の場合はストレートの平均球速が143.3キロ、MLBだと平均が150.0キロと。約7キロの差があるんですよね。

 

アナ 7キロの違いというのは相当違いますよね。

 

岩村 やっぱり大谷君自身も150キロ以上を投げますけどバッターとしては7キロというのはかなりの差がありますから。しかも、これは平均ですからね。

 

アナ こういうのを感じて自分で改造しているとうことですね。

 

岩村 そうですね。

 

アナ では、岩村さんから大谷選手にアドバイスがありましたらお願いします。

 

岩村 このノーステップ打法をずっと続けるとは思わないんですけど、今敢えて言うならゴロが多いということなんで。大谷君は打ちにいく時に少し体が前に突っ込むんですね。それを抑えながらなるべき後ろで捉えるという。そうすればボールに角度が付くんです。それで角度さえ付いてくればパワーとか色んな物を持ち合わせていますから。それこそメジャーリーガーとの体格も差がないですからアウトコース低めも間違いなく届いちゃうんですね。であれば、前に突っ込まずに後ろに体重を残して打つ。英語だと「stay back」と言うんですけど。

 

アナ これができると飛距離が出るんですね。

 

岩村 出ますね。日本人のファンの方はみんな待っているホームラン、または長打を期待できるんじゃないかなと。

 

 

以上です。

岩村明憲の解説を初めて見たのですが非常に分かりやすいですね。これは4月1日で初ホームラン前のものなんですが、岩村の言う通りになっていると思います。

おすすめの記事