2019812vs中日ドラゴンズ戦@ナゴヤドームの阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発はガルシア、中日の先発はドラフト2位ルーキーの梅津晃大。ABCラジオとMBSラジオの野球中継のレポートを紹介します。阪神初回不安定な梅津を攻めて福留のタイムリーで1点先制する。中日も反撃で直後の1回裏にビシエドと福田のタイムリーで2点取り逆転。更に4回裏には堂上の2ランで3点差。8回裏には福田のタイムリーでダメ押しの4点差となる。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―先発のガルシアについて

矢野 難しいところやね。やられ方が良くない。現状、外国人枠の兼ね合いで1軍にいるんだけどね。ガルシアを抜くと先発もいないしなあ。やっぱり今日みたいな投球では難しいな。立ち上がりが悪いというのもあるかもしれないけど、援護を貰ったあとにすぐに点を取られたりとか、ホームランを打たれたりとか、勝ちを持って来られる投球ではなかった。堂上のホームランについても注意をしていれば打たれなかったんじゃないかな。ただ、逆転されたあとには力強い投球もあったので、使いたくなる気持ちもあるし、だからこそ難しいね。

 

―中日の先発の梅津について

矢野 やっぱり点を取るのが難しい投球をされた。初登板で初顔合わせと色んなこともあるけど、打ち崩せないのは問題だと思うし、他球団でも似たようなことがあるんで、やっぱりうちは他球団と比べてそういうことが多いのでこれから先は考えていかないといけないな。

 

 

以上です。

梅津は初回を攻め込むべきでしたが1点だけだった。
おすすめの記事