2018年6月10日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.オリックス戦で先発をした東京ヤクルトスワローズの小川泰弘についてヤクルトで監督をしていた真中満とフリーアナウンサーの師岡正雄が語っています。後半には元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉が参戦してバレンティンについても語っています。

 



【先発の小川について】

アナ 小川は2勝目となりましたが、小川が7回を投げて97球で4安打、6奪三振、失点1も自責点は0。

 

真中 そうなんですよね、

 

アナ それで四球がありませんでした。

 

真中 今日は無四球なんですよね。7回までコンディションが悪い中でしっかりと投げ抜くんですけども。

 

アナ こちらは雨の影響を全く感じさせませんでした。

 

真中 全く感じませんでしたね。低めに変化球を集めてストレートも力がありましたんで。

 

アナ はい。

 

真中 ハフとブキャナンという安定した先発が出てきましたんで、小川がもう一枚しっかりとした軸として回るようになるとヤクルトはもっと楽に戦える展開になるかなと思いますね。

 

アナ 課題だった先発陣にようやくコマが揃ってきたきました。

 

 

【ここからバレンティンについて岩本と高木豊も参戦】

岩本 真中さん、打線の方で4番のバレンティンの牽引力が凄くないですか?

 

真中 やっぱり点数をいいタイミングで取るんですよ。だから、ピッチャーも投げやすい展開になっていますんで、投打ともにバランスが良いというか、しっかりと噛み合っていますよね。

 

岩本 豊さん、これバレンティンが交流戦前までは2割5分2厘という打率だったんですけど、交流戦に限っては3割超の打率なんですよね。

 

高木 まあ、一時期調子を崩していて心配しましたけど、またここに来て上げてきた。

 

岩本 その要因はどのあたりにあると思いますか?

 

高木 やっぱりリズムだと思いますけどね。

 

岩本 うーん。

 

高木 バイオリズムみたいなのがあって、落ちるときもあれば上がるときもある。

 

岩本 はい。

 

高木 ただ、前に出塁率の高いバッターたちがいるんで打点もついてきますよね。(※隣の真中に話し掛けている)

 

真中 そうですね。いい場面でいい仕事をしていますよね。

 

岩本 この交流戦でのスワローズの勝率の良さというのは4番バッターの力というのが大きいですか?

 

真中 大きいですね。本当にチームの力を感じますよね。投手もいいですし、打線も繋がりますし。バランスはスゴくいいですね。

 

 

以上です。

小川がローテにガッチリとハマればブキャナンとハフも揃っていますのでかなり計算しやすくりなりますね。打つ方もバレンティンが効果的に打っているんですからそりゃ勝ちますよね。

おすすめの記事