2019年3月18日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』で高木豊が2019年の巨人の浮上のキーマンに吉川尚輝の名を挙げました。元広島の苫篠賢治、元横浜の野村弘樹、フリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



吉川のオープン戦の成績

打率.250 盗塁3(失敗0)

 

アナ 豊さんの2019年ブレイク選手の予想をお願いします。

 

高木 僕は巨人の吉川。

 

アナ はい。

 

高木 これは巨人の命運を握ってると言ってもいい。

 

アナ ほー。

 

高木 なぜ命運かというと、やっぱり坂本・丸と続く打線でその前の吉川が出塁することによって、順位が大きく変動してくる。それぐらいの選手なんですよ。

 

アナ うんうん。

 

高木 今年確実に成長してるし、塁に出たらピッチャーの警戒度が100になるし。だから相手にとってスゴくイヤな状況を作るんですよね。

 

アナ はい。

 

高木 やっぱりバッターが坂本・丸、もしくは丸・坂本って続くと、これはランナーも気を付けなきゃいけない。

 

アナ うーん。

 

高木 こうなってくると巨人が浮上するには吉川のブレイクしかないんですよ。

 

野村 それで今年はいきそうですか?

 

高木 いく。

 

野村 うーん。

 

高木 何で「うーん」だよ(笑) 俺が嘘つきみたいな顔をして見ないでよ(笑)

 

野村 だって目が血走ってたから、これは本気だなと思って(笑)

 

高木 本気本気。

 

苫篠 豊さんだけじゃなくて、他球団も豊さんと同じ考えだと思います。だから開幕1ヵ月間、まあ4月いっぱいに波に乗れるスタートを切れるかどうかですよ。

 

高木 そうだね。だから逆に言えば他球団が吉川を徹底マークをするから。

 

苫篠 徹底マークします。

 

高木 そこをかい潜れたら太くなるね。巨人が走る。

 

野村 坂本・丸・岡本と続くからやっぱりピッチャーは必ず吉川を抑えにきますからね。

 

高木 ストライクを取りにいくでしょ。

 

野村 はい。

 

高木 オープン戦でもそうだけど、初回のヒット率、出塁率がものすごく高い。だから初回に吉川を出したら立ち上がりの悪いピッチャーなんかはたまったもんじゃないよ。

 

野村 そうですね。

 

苫篠 ジャイアンツが一気に主導権を握りますよね。

 

高木 本当にそう。ヤクルトとのオープン戦でもそうだった。ランナーがたまって亀井が満塁ホームラン打って。でも試合は8対7で危なかったんですけど・・・。

 

苫篠 はい(笑)

 

高木 だけど、やっぱり吉川の働きによって順位がものすごく大きく変わってくるという選手です。

 

アナ なるほど。

 

 

以上です。

坂本・丸・岡本と強烈なのが後ろにいますから前の吉川が重要です。

おすすめの記事