2020年10月4日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初登板、初先発となったオリックスバッファローズのドラフト1位の宮城大弥のピッチングについて元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉、楽天で監督をしていた田尾安志がフジアナウンサーの杉村千尋と共に語っています。

 



この日の宮城の投球内容
5回99球 被安打7 奪三振4 四球1 失点1
今季0勝0敗 防御率3.60(10/4の試合終了時点)
プロ初登板も勝ち星ならず

 

アナ オリックスは楽天に逆転勝ち。プロ初登板のドラフト1位ルーキーの宮城投手の初勝利とはなりませんでした。

 

岩本 10代のピッチャーなんですよね。その投げっぷりが輝いていました。豊さん、またまたオリックスにいい若手が出てきましたよね。

 

高木 オリックスにはいいピッチャーがいるよねぇ(笑)

 

岩本 そうですよね。

 

高木 ただ変化球、縦割れのカーブみたいなボールが捉えられてましたよね。だから変化球の時に腕の振りが緩むのかなと。

 

岩本 はいはい。

 

高木 だからその辺で修正できれば、いいボールは持ってるし勝つのは早いんじゃないでしょうかね。

 

岩本 なるほど。田尾さん、宮城投手のピッチングはランナーを出すんですけど、ホームベースは踏ませないというもので、何かピッチャーとしてのセンスを感じるんですけど。

 

田尾 うんうん。もう19歳とは思えませんよね。

 

岩本 はい。

 

田尾 そのまま宮城コーチと言ってもいいぐらいの投球でね。

 

岩本 ハハ(笑)

 

田尾 まあ、ピッチングも素晴らしいしね。これ楽しみなピッチャーがまた出てきましたよね。

 

岩本 そうですよね。場数を踏むといい味出してくれそうですよね。

 

田尾 いい戦力になると思いますよ。

 

宮城大弥 19歳
2001年8月25日生 171cm・83kg 左投左打
興南高校―オリックス(2019年ドラフト1位)

 

以上です。

かなりいいピッチャーになりそうな予感です。
おすすめの記事