2019610日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で先発ピッチャーだった広島カープの九里亜蓮。3回裏の打席での驚異の粘りについて元近鉄西武の金村義明、横浜で監督をしていた大矢明彦、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



3回裏 九里の第1打席
1球目ボール、2球目見逃しストライク、3球目空振り、4球目から9球目ファウル、10球目ボール、11球目ファウル、12球目ファウル、13球目ファーストゴロ

 

アナ 広島がソフトバンクに勝利しました。岩本さんはピッチャーのバッティングについてポイントがあると。

 

岩本 そうなんですよ。これ交流戦打率.667の岩本が熱視線を送らせて頂きたいと思います。

 

アナ はい()

 

岩本 今日の九里の粘りです。ピッチングを取り上げなくて申し訳ないんですけど、九里が3回裏のバッターボックスで粘りながら相手バッテリーを苦しめるような姿を見せてくれたんですよね。

 

アナ おぉぉ。

 

岩本 大矢さん、ピッチャーが打席に入るといっても、打線の中では戦力のひとつじゃないですか。

 

大矢 そうですね。

 

岩本 僕はこういう姿は必要だと思うんですよ。

 

大矢 そうですね。自分がピッチャーだからと思わずにやっぱり攻撃に参加するという気持ちが欲しいですよね。

 

岩本 そうですね。かつては点差が開いたりすると、バッターボックスの一番後ろに立って、時間だけ経つのを待つという姿もありましたよね。

 

大矢 そうそう。

 

岩本 今日の九里はバッターボックスで13球も投げさせたんですよね。

 

大矢 やっぱり九里っていう選手を手抜きをしない。何でも一生懸命やるんで、それがバッターボックスに表れたんじゃないかな。13球も粘るのはスゴいね。

 

岩本 金村さん、ピッチャーの経験もおありですけど、九里のバッターボックスでのこの姿をどう評価されますか?

 

金村 ああいうのを見てたら、野手も頑張ろうという気になりますよ。後ろに立ってバットも全く振る気もないようなピッチャーの態度を見るとね・・・。

 

岩本 はい。

 

金村 みんな口には出しませんけど「何じゃ?」と思う時もありましたからね。

 

岩本 最近ではあまり見なくなった光景ですよね。

 

金村 そうですね。でもあんまりやり過ぎると、試合の終盤とかだとコーチが「無理せずに立っとけ」と止める人もいますけどね()

 

岩本 そうですよね()

 

アナ 九里投手、ナイスバッティングでした。

 

岩本 はい。

 

 

以上です。

ピッチャーが粘っている姿を見たら野手は気合入りますよね。
おすすめの記事