2018年10月26日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で池田親興が福岡ソフトバンクホークスの日本一を断言。フリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。途中でデーブ大久保も少しだけ入ってきます。

 



池田 正直言うと、これ日本シリーズに出ましたけど、開幕から岩嵜とサファテがいない中で始まって、チームは『どうしょう』という状況からスタートしているんですよ。

 

アナ はい。

 

池田 でも、最終的には日本シリーズまで来て、そしてこうなりましたと。考えてみてくださいよ。今年のホークスは上林と中村晃ぐらいしかシーズンを通して出ていない。松田は途中で引っ込められたりしました。

 

アナ そうですね。

 

池田 あとは怪我人だらけなんですよ。

 

デーブ でも後から後からどんだけいい選手がいるのって(笑)

 

池田 そう。9月に調子が良くなってきて上がってきたホークスなんですが、そこで内川が離脱。天王山の西武戦の前に練習中に頭に打球が当たった柳田がありましたよね。

 

アナ そうですね。

 

池田 天王山の西武戦では1勝5敗となりました。そこでは今宮、牧原が怪我をしてどうしましょうかって考えていたら、CSファイナルで頑張ったのが川島慶三、西田、明石、高田。結局はCSファイナル史上では最高の得点を叩き出した。

 

アナ はい。

 

池田 最後の最後まで『どうしよう』という状況だったんですが、でも結局は選手層の厚さで乗り切った。『どうしよう』から最後にはこうなった。去年のシーズンオフから始まっている話で、去年も終盤に怪我人が多くてそれがずっと続いているんですけど、怪我人が増えていって、恐らく1チーム分ぐらい怪我人で消えてしまっている。

 

アナ ですよねぇ。

 

池田 そういうのを考えて日本シリーズでは今宮が戻ってきます。そしてあのファイナル。僕の周りのカープファンの人たちが、「あの西武に勝ったソフトバンクだから怖い」という言い方をしているんですよ。

 

アナ はい。

 

池田 怪我人を考えたら恐らく西武が出てくるんだろうと思っていた。そこを打ち負かしたと考えたらホークスが急に怖くなってきた。

 

アナ チカさんはシーズン中に球場に取材に行ったと思うんですけど、大変だったという雰囲気はあったんですか?

 

池田 もうずっと怪我人じゃないですか。

 

アナ そうですね。

 

池田 最後にギータが怪我をした時にはね。そこをカバーして上手にみんなが働いた。例えば加治屋蓮。リリーフをしていますけど、彼をあそこで使いたかったんじゃなくて、あそこに持っていかざる負えなかった。

 

アナ うん。

 

池田 彼があそこまで上手くハマるとは誰も思っていなかった。森唯斗はサファテの代役でしたが、途中からはサファテの不在を感じさせない。加治屋がいるから岩嵜の不在も感じさせない。今、終わってみて何とかなっているから熱く話せますけど、シーズン途中はどれだけ冷えていたか。

 

アナ そして内川について。

 

池田 短期決戦に強い内川がいるのといないのとで、カープはどう見えますかと言いたいです。もう死角がないと思います。

 

池田の予想は4勝2敗でソフトバンク日本一

 

 

以上です。

余計の話がボンボン入れて来るんでかなり割愛しました。

おすすめの記事